Hanes Beefy-T 2-Pieces Package Design late 1990’s

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回は手短なブログですが失礼をば。

Hanes Beefy-T 2-Pieces Package Design late 1990’s

これは私が1990年代後半に購入して未だにこの状態で家のどこかに保管してあるHanes Beefy-Tの2枚パックです。

こういった大量消費する商品ではパッケージングも頻繁に変化していき、それがまた時代の写し絵になったりもするんですが、このあたりの時代のモノでしたら記憶にある方も多いのでは?

タグと「MADE IN U.S.A.」が時代を証明していますが、Beefy-Tがアメリカ産だったのは1990年代中期までで、1990年代後期には縫製がジャマイカやメキシコになったりするんです。

私はジャマイカ縫製に移行したのに気づいてその時すぐに「MADE IN U.S.A.」の物件を探して運良く数パック手に入れたうちの1つがこれ、と。

以前赤パックの上位版として販売された「Classics」のパッケージもブログでお披露目しましたが、あの薄手のビニールパッケージこそHanesって感じで好きでした。

Nick Lowe “Live! On The Battlefield “ T-shirt circa 1995

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

今回の物件は英国パブロックの雄、ニックロウのオフィシャルT-shirtです。

Nick Lowe “Live! On The Battlefield “ T-shirt circa 1995

Read More….💁🏻

Hanes Beefy-T  “ Java – Think different. “ T-shirt circa 1999

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は1999年のT-shirt。目的がちょっとはっきりしないT-shirtであります。

Hanes Beefy-T  “ Java – Think different. “ T-shirt Front circa 1999

Read More….💁🏻

Anvil x Authentic Pigment  ‘WWDC 1998 QUICKTIME” T-shirt circa 1998

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は1998年5月に催されたAppleの恒例イベント「WWDC」でスタッフが着用していたいくつかのパターンのうちの一着です。

Anvil x Authentic Pigment  ‘WWDC 1998 QUICKTIME” T-shirt Front circa 1998

Read More….💁🏻

Screen Stars x Nick Lowe “ Nick Lowe On Demon Records” T-shirt circa 1994

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回は1990年代に英国Demon Recordsが通販で販売していたNick LoweのT-shirtになります。

Screen Stars x Nick Lowe “ Nick Lowe On Demon Records” T-shirt Front circa 1994

Read More….💁🏻

Unknown Eric Clapton “Royal Albert Hall Concert 1995” T-shirt circa 1995

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

今回の物件は1995年2月から3月に渡って行われたエリッククラプトンのロイヤルアルバートホールでのライブT-shirtになります。

Eric Clapton “Royal Albert Hall Concert 1995” T-shirt Front circa 1995

Read More….💁🏻

BROCKUM “Bob Dylan : Never Ending Tour Japan” T-shirt circa 1994

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は写真から御察しの通りすでに処分してしまった、1994年2月に日本武道館で行われた「Never Ending Tour」の時に購入したツアーT-shirtになります。

BROCKUM “Bob Dylan : Never Ending Tour Japan” T-shirt Front circa 1994

Read More….💁🏻

Nike Official “Honolulu Marathon” Finisher Commemorative T-shirt circa 1998

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はナイキ。スポーツウエアの中ではサイズに迷いがなく購入できるという点でもナイキがメインの私ですが、今回のは見つけた時にちょっと珍しいなぁと思い入手したもの。

Nike Official “Honolulu Marathon” Finisher Commemorative T-shirt Front circa 1998

Read More….💁🏻

SOFTEE x Nick Lowe “Live! On The Battlefield “ T-shirt circa 1995

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

今回の物件は英国パブロックの雄、ニックロウのオフィシャルT-shirtです。

SOFTEE x Nick Lowe “Live! On The Battlefield “ T-shirt circa 1995

1994年に「The Impossible Bird」を数年ぶりにリリースしたニックロウ。当時は聴きまくった愛聴盤でした。思えばこの辺りからパブロック、パワーポップではなく、渋い曲調にシフトしていき、ライブでもベースよりはアコギを抱えて弾き語るライブが多くなっていったようです。

このアルバムとの連動ツアーは記憶にないのですが、私がアルバムリリース後に観たのは1996年3月24日に渋谷公会堂で行われたBobby Irwin & Geraint Watkinsを引き連れて行った3ピースのシンプルな構成のライブでした。

で、このT-shirt。確か翌年の1995年に「Live! On A Battlefirld」というミニライブCDをリリースした時に販売されたものだと記憶しています。

フロントプリントに使われている写真は元々は「The Impossible Bird」の内ジャケにも使われていたのですが、1995年にライブ盤の表ジャケにそのまま流用されたもの。

ボディに使われたのは生成り色のSOFTEE。ゴワっとした肌触りのものでした。

写真は処分前の2005年に撮影したもので画素数が小さいですがご了承ください。

Hanes Beefy-T  “Mac OS 8.5 feat.Sherlock” circa 1998

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

未だにオークションなどでお目にかかる、割合入手が容易な物件であります。

これは1998年10月17日リリースのMacOS8.5(コードネーム:アレグロ)用のプロモT-shirt。

Hanes Beefy-T  “Mac OS 8.5 feat.Sherlock” circa 1998

Read More….💁🏻