柳都の舞 新潟県産こしひかり

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は「またか!」と思われるでしょうがお米。コシヒカリ。
しかし、多分このご時世ならではの商品なんだと思います。なんせ古町の芸妓さんが米作りに関与したコシヒカリなんですから。

この商品ができた経緯は引用するように新型コロナウイルスの影響でした。

「新潟の古町花街文化を彩る古町芸妓衆が

新潟を代表するお米作りに取り組みます。

美しい新潟の景色をいつまでも ― 。」

古町芸妓が作った新米コシヒカリです。

新型コロナウイルスの影響を受け、収入が落ち込む古町芸妓を農業の分野で応援しようと、農業機械などを販売する企業が立ち上げた柳都米プロジェクト。

売り上げの一部が古町芸妓の活動資金として寄付されます。

私がこれを見つけたのは新潟県最大店舗数のスーパー:原信。購入した新通店では1kgのみの販売でした。

ただ、コシヒカリにしてはやっぱりと言うか、ちょっと単価が一般的なコシヒカリよりも高額だったんです。ブランドとして成立している魚沼産コシヒカリと同等か、ちょっと高いなぁと思った記憶が。

そこにいつも購入する5kg換算で計算すると「じゃあやめようかな」と思うのも無理がないと言うか。

今年に限った話ではないのですが、お店で見た限りコシヒカリよりもこしいぶきの方を地元の人は買っているような気がします。

そこにきて1kgというのは地元の人間からしたらあまり購入しないし、せいぜいお土産に買うくらいなのかなぁ、と。

で、お土産だったら通りのいい魚沼の方が喜ばれるし、となるのが必然かな、と。

思いはみんな同じなのか、しばらくした後に買い物に行くとこのようにディスカウントされて販売されていました。精米されて店頭に並んでまだ1ヶ月くらいの時期でしたがディスカウントするにはちょっと早いような気も。

パッケージデザインは芸妓さんが絡んでいるのでお座敷=座布団をイメージしての(ほぼ)正方形なのでしょうか?ロゴも芸妓さんですね。多分なんですけどこのロゴをデザインしたのは新潟市で有名な会社じゃないかなぁ。ここで見られるような流れるようなロゴを多くクライアントに提供して色んな賞を受賞している会社ですが。

ともあれ、この投稿で今年のブログはおしまいになります。一年有難うございました。来年はコロナも少し落ち着いて経済活動も持ち直しますように。

GILDAN Softstyle Soft Spun 3pack T-shirts circa 2021

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はGILDAN。カナダのというか、世界最大級のアパレルメーカーですね。

そのどうやらアジアンマーケット用のプロダクトのようです。

というのも本家の.comのサイトではこの製品、掲載されていません。日本向けのサイトではモデルナンバー#63000なのかな?で、掲載されています。

GILDAN Softstyle Soft Spun 3pack T-shirt circa 2021

Read More….💁🏻

令和3年度(2021年)年末年始の営業について

いつも有難うございます。

今年の年末年始の営業ですが、hommageはオンラインのご注文は通常通り受け付けますが発送は郵便局窓口の年末年始営業に合わせて12月29日(水曜日)〜2022年年1月3日(月曜日)の間休業致します。発送などは翌日1月4日火曜日からの予定となります。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Hanes Beefy-T w/t Bull Tag circa 2021

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はHanes Beefy-T。が、先日購入したこれは正規国内流通品ではないのですが、タグレス仕様から一転、物理的なタグの復活です。驚き。

Hanes Beefy-T w/t Bull Tag circa 2021

Read More….💁🏻

欧米アパレルがアジア離れ コロナ禍のサプライチェーン混乱で生産シフト

半月前ほどのニューズウィークの記事になります

サプライチェーンが混乱して提携している工場なども様々な国へシフトしてるようですが、既に賃金が高額になっている自国への回帰は程遠いようです。

余談ですが、先日Nike Air Force 1 ’07を購入したのですが、どうやらこのモデルも少し前まで店頭から消えていたようで、供給不足を煽った販売路線か?と思いましたが、コロナ禍でのサプライチェーンの問題だったようです。ナイキのスニーカーは中国を筆頭にタイ、ベトナムなどで多くが生産されていましたが、私のところに届けられたAir Force 1 ’07はインド生産品でした。数十年ナイキを履いていますが、インド生産品は初めてでした。

南魚沼地区限定こしひかり鮮度保持パック

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は季節柄新米!ということでお米にしました。

知人に贈るのにいいな、と見つけたのがこれ。南魚沼産コシヒカリで、通常のパッケージと違い、チャックがついており、「鮮度保持パック」とも。販売は新潟ケンベイ。

容量は1kgではなく900gで、「約6合」と明記されているので計量しやすい容量設定にしたのでしょう。贈答用にもってこいの大きさだと思います。近所のスーパー:原信で購入しました。

Printstar x 栄軒「コーヒーパン」T-shirt #00148-HVT circa 2021

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は新潟県五泉市にあります、昭和2年創業の老舗パン屋さん:栄軒がオーダー・店頭販売しています、看板商品のパッケージデザインがモチーフの「コーヒーパン」T-shirtになります。

Printstar x 栄軒「コーヒーパン」T-shirt #00148-HVT circa 2021

Read More….💁🏻

ひらせい もち麦大福(つぶあん)

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は2020年9月発売から一年経ってようやく買えた、新潟県産もち麦を使った大福になります。

このもち麦大福、ここのニュースリリースから引用します

 【新潟】ひらせいホームセンター(HC)が初めて開発した加工食品「もち麦大福」(4個197円)が9月10日の発売から計画を上回る勢いで売れている。原材料のもち麦は100%県産で、精麦・製粉、製造、販売に至るまでオール新潟にこだわった商品。農業の産業化と農家の収入源拡大を目指す子会社のひらせいファームがもち麦を集荷。卸の森永乳業販売が仲立ちし、地元冷菓・和菓子メーカーのセイヒョーに製造委託した3社コラボの新商品。

とのこと。確かにオール新潟ですね、布陣は。

確かこれを見つけたのは地方紙:新潟日報の記事だったと思います。「へぇ〜、なんだろ、食べてみたいなぁ」というのが最初の感想。ただし、この時はひらせいホームセンターで専売みたいな扱いだったのでまぁ機会があった時に近くのひらせいに立ち寄ってはチェックしていたのですがいつも売り切れ。「そんなに美味しいのか?」と多少気持ちが前のめりになるも買えないのが続くと足が遠のくというもの。

そんなこんなで一年ほど経った初秋、出会いは突然訪れました。巻のチャレンジャーへちょっと買い物に寄った際見つけてしまいました。ラッキー!

結構大きめの大福で、麦という印象からは程遠いもちもち感。上新粉の食感に近く、特別感はあまりなく、パクパクいけます。これ自体の味(というか癖)もないようです。

中身はつぶあん。半粒っぽい、わかりやすく言えば新川屋系?

個包装にしてちょっとパッケージも凝れば「そこそこのモノ」っぽくもなれそうですが、この、袋に無造作に入ったパッケージはいかにも日常で食べてくださいといわんばかり。あともうちょっと販路が広がれば手に入れやすくもなるんでしょうけれど、このあたりはどうなんでしょうねぇ。

Los Angeles Apparel Tri-Blend T-shirt #TR01 circa 2021

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はロスアンゼルスアパレルのTri-Blend素材のT-shirtになります。数年前に東海岸の同じくMADE IN USAが社是のRoyal Apparel社製Tri-Blend T-shirtに出会ってから「再発見」な感じで愛用しています。

Los Angeles Apparel Tri-Blend T-shirt #TR01 circa 2021

Read More….💁🏻

原信 x KONASNOW 自家焙煎珈琲クリームパン

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は新潟県民が大好きなコーヒーパン。ですが、こちらは味と価格帯から「大人のコーヒーパン」と呼べるものかもしれません。

入手先は長岡市の原信新保店。奥様が所用ついでに買ってきてくれました。新潟県では店舗数、売り上げ共にトップのスーパー:原信の店舗内で製造、販売しているベーカリーの商品なんだそう。私、ちょくちょく覗くんですが見たことなかったなぁ。

このベーカリー、味もなかなかあなどれないんです。街のパン屋さんも正直戦々恐々なのではと思うくらいに。

このコーヒーパンですが、「コナスノー」と別のお店の名前がついていて「あれ?」と。実は原信、自前のベーカリーコーナーとは別に大手のパン(山崎製パン、フジパン、pascoなど)の設置コーナーがあるのですが、店舗によってはその一角にご当地パン屋さんの商品も陳列、販売しているのです。てっきりそっちのコーナーに置かれている商品なのでは?と思い、製造者は見たら「原信新保店」。あ、原信が作ってたんだ、やっぱり。

その後KONASNOWを調べると新潟市江南区にある家族経営のコーヒーショップと判明。原信とコラボするなんて凄いなぁ……

肝心の味はと申せば、先に言ったように「大人の味」。いわゆる昭和から綿々と続くコーヒーパンの味ではなく、もっと本格派。流石自家焙煎のコーヒーをクリームにしただけあるなぁ。ただ、コーヒーの苦味はほとんどなく、甘ったるさも皆無。

で、他のコーヒーパンなどの大きさに比べると2回りくらい小さいコッペパンなんですが、このサイズ、価格、味からしたら「カフェとかに一緒に販売される軽食のような商品」と評するのが的確かと。

菓子パン扱いしたらダメよ、と。そんな印象を持ちました。