亀田製菓:サラダホープ

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は米菓の巨人:亀田製菓の(今では)新潟限定商品としてロングセラーを爆走中の「サラダホープ」です。

サラダホープの販売は1961年だそう。半世紀を超えるロングセラー商品なのです。

私はてっきり亀田製菓の力量と知名度などから全国展開しているとばかり思ったのですが、これは何故か「新潟限定」。別に新潟県民が有り難がるようなテイストではないのに何故?と不思議だったのですが公益財団法人新潟観光コンベンション協会のサイトに理由が出ていました。以下肝心なところを抜粋、引用。

そんなサラダホープは、ほぼ新潟県内だけの販売。最初から地域限定を意識していた訳ではなく、最初は全国販売を視野に開発され、販売されました。ところが予想を上回る売れ行きで製造が追いつかず、一旦県外出荷を停止に。生産ラインを整えて、翌年全国販売を開始したところ、すでに類似商品が出回り、逆にサラダホープの方が類似品とみなされ、扱ってもらえない状況になっていたそうです。結果として、新潟県内だけの販売になっていったサラダホープ。当時のサラダホープが、いかに鮮烈な存在だったかを感じさせるエピソードです。

私が子供の頃はこれ、ほんと、よく食べました。カルビーがポテトチップスを販売するまでは何かと言えばこれだった記憶。袋に手を突っ込んで食べていたなぁ。その後袋の中にプラ素材のトレイが同梱されるようになり、今ではこの細長いシェイプに6袋の小分け状態。すぐ食べ終わっちまうっつーの。

と言うか、個包装とそうでないバージョンが併売されていた時代もあったような記憶があるんですが、現在ではこれくらいしか目にしなくなりました。

このサラダホープ、売上も確実に見込めるのか、盆暮れ正月の帰省の時期になると「新潟のお土産に」てなポップと共にスーパーでコーナーができるんです。まぁスーパーで買い逃しても新潟駅とかでも通年で手に入るのでご安心くだされ。

あ、味はほんのり塩味の、柿の種を倍くらいにした大きさのおかきです。

ギルダンブランズ・ジャパン株式会社事業終了に関するご案内

2021年4月30日、今月末で日本法人のギルダンブランズ・ジャパン株式会社は事業を終えるそうです。

以下ギルダンのオフィシャルサイトより

お取引先各位

平素は並々ならぬご芳情を賜り有難くお礼申し上げます

さて 突然ではございますが 弊社は諸般の事情により2021年4月30日をもちまして日本法人の事業を終了し清算することになりました
皆様の温かいご支援の中での苦渋の選択となりましたが 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます

今後の販売に関するスケジュール お問い合わせ先に関しましてはこちら をご覧ください

弊社にお寄せくださいましたご厚誼に心から感謝申し上げるとともに皆様の今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます
 

ギルダンブランズ・ジャパン株式会社
代表取締役社長
Min Ang (ミン アン)

日本での販売は三浦商事が行うことになるそうです。三浦商事といえば2000年代までANVILの輸入総代理店をしていたので実績は保証済み。ANVILがGildanに買収されて傘下ブランドとなり、2014年に日本法人であるギルダンブランズ・ジャパン株式会社がこれらの販売を行っていましたが、現在ではこれらのファミリーブランドが三浦商事のサイトのトップに登場しています。

ギルダンブランズ・ジャパン株式会社の時は「法人相手の卸」という営業形態でしたのでオンラインサイトもなくやっていたのですが、三浦商事はどうなんでしょうか。気になります。

新潟県三条産コシヒカリ

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は新潟県三条市で収穫されたコシヒカリになります。牧歌的なパッケージにメロメロです。

これも加茂市のコシヒカリ(百萬粒)同様、にいつフードセンターで発見、購入しました。他のお店ではまだ見つけていないので専売なのかしら?

生産者は志田農園さん。ネットで調べると魚沼にも同じ志田農園というコメ農家さんがいるようですが親族なのか気になります。三条とは言っても旧下田村でしたらもう魚沼に隣接してるし、親族がやってても合点がいきますから。

個人的嗜好でなんなんですが、うちの奥様は新潟県内の収穫地で指名買いすれば佐渡産コシヒカリが割合好みでして、あとは大粒よりは小粒が好き。私も小粒派ですので大粒の新之助は我が家の食卓に上がったのは一度きりになってます。

で、この三条のコシヒカリなんですが。個人的には好みの部類。間違いないというか。やっぱり水なのかなぁ。これも美味しくいただきました。

麒麟山伝統辛口

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は新潟県阿賀町(旧:津川町)にあります麒麟山酒造の代表的なお酒「麒麟山伝統辛口」です。

既にブログでもアップした気になっていましたが、麒麟山酒造のお酒、まだ紹介していなかったんですね。

で、(自分の中で)急いでブログにアップしようと思ったのは先日実家に行った際に目を通した地元の新聞:新潟日報に一面広告が掲載されていたから。

なんと!あのラベルデザインを一新、商品のラインナップもそれに伴って一新する旨の広告でした。

ラベルデザインは確かに現代的で悪くないのですが、「お酒のラベル」という、割とクラシックなイメージが既にあるものに慣れてしまってるため、この広告を見たときは「へ?」という印象。

プレスリリースでも3月9日付でアナウンスされています

折も折、蔵元は失念しましたが、少し前にも新潟県内の蔵元が「バーなどにも馴染むラベルデザインに変更した」という新聞記事を読んだばかり。日本酒、苦戦してますから。

でもいち早く海外向けにラベルはもちろん、トータルデザインを特化したような県外の蔵元は売り上げいいんですよね……

話は逸れましたが、で、これです。今では「旧」デザインになってしまうラベルデザインの「伝統辛口」。麒麟山では定番、まぁどこでも手に入りやすいお酒です。新聞広告を見て県内のお店から旧デザインが消える前に手に入れたもの。間に合ってよかった……

棚田米産地直送百萬粒:新潟県加茂七谷地区限定こしひかり

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は今年に入って初めてかな?お米ですが、私にとっても初めて手に入れた加茂市で収穫されたコシヒカリになります。

これ、所用があって新津市(現:新潟市秋葉区)に立ち寄った際に老舗スーパーである「にいつフードセンター」で買い物でもしようかと店内に入ったらいきなり見つけたもの。こんなのあったんだ!と小躍りからの購入パターン。いつものことですね。

販売しているのはJAでもなく、なんと加茂市から離れている弥彦村の株式会社百萬粒というところ。

超大手スーパーだと自社ブランドみたいにして販売しているのですが、それだと私にとってはあんまり面白くないと言うか…….なのでこういうのは大歓迎であります。

パッケージはよく10kgや20kgで使われる紙製。とりわけポップなデザインでもありませんが目を引くのが

5kg

(約238,000粒)というくだり。

そうなんだ!知らなかったよ!と目からちょっと鱗。でもすいません、写真では見切れてしまいました…

ヤマザキナイススティック塚田牛乳入りミルククリーム

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件はヤマザキ製パンのご当地限定商品:新潟市江南区にある塚田牛乳の牛乳を使ったナイススティックになります。

これ、実は塚田のコーヒー牛乳入りコッペパンよりも早くスーパーで見つけて購入していたのですがブログにアップするのは順序が逆になってしまいました。同時期に販売していたんでしょうかね?

塚田牛乳は新潟県の下越地方の学校などにも牛乳を卸しているので知名度は抜群なんですが、長岡など中越ではスーパーでも見かけなくなり、他の会社が学校などに牛乳を卸しているそう。昔聞いた話では長岡の知人の学校では近所ということもあってその当時は愛生牛乳だったそうですが。残念ながら愛生牛乳は2015年に廃業しています。

さて、このミルクスティック。正直どこどこの牛乳だから味も違います!というのはなかなかわかりづらいと思います。なのでまぁ地元還元という意味合いを込めて購入してみました。

新潟県五泉市:キウイフルーツ

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は毎年冬の一時期にしか入手できない五泉市橋田地区で作られているキウイフルーツです。

これ、初めて食べたのが7〜8年前。親戚の叔父が持ってきてくれたのが最初でした。何の説明もなくもらったもので正直「なんでキウイ?しかも五泉で作ったの?」と不思議でした。聞いたこともなかったもので。

ですが食べてびっくり!あま〜いっ! 

今でこそニュージーランドのキウイも甘いものが販売されていますが、それまではキウイ=ちょっと酸っぱいというのが常識だったと思うのですがこの甘みと美味しさ!たちまち虜に。

なのに流通量が極端に少なくその年はそれでおしまい。以来毎年冬になると販売されるのを待ち焦がれるようになりました。

で、今回も運良く入手。贈答用の箱買いまではできないのでとりあえず、と。

早い年だと11月下旬にはお店で見つけることもできるらしいのですが、私がこれを見つけたのは去年の12月中旬。そして年が明けて1月には既に市場から姿を消すのが通年。このブログは2月にアップしたのでそれ以降にブログを見つけた方、今年の冬頑張って見つけてください。

因みにこれは新潟市西区亀貝にあるJAみらいが運営している「いっぺこ〜と」で購入。ちょっと安いと思いました。なんとなく一個¥100くらいの認識だったので。

加茂市:山忠の健康足首ウォーマー

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は「新潟の冬が始まる頃に折込チラシに登場する」新潟県加茂市にある会社:山忠の足首ウォーマーになります。愛用して数十年になります。

もともとは母がチラシを見て「注文して」と言い出したのが始まり。その時はかかとに潤いを与えるソックスだったと思います。その頃はでもかかとに別素材が縫い付けられていてきちんと整えて履かないと違和感があったり、ちょっと乾きにくかったりとあまりいい印象がなかったようでした。その後この足首ウォーマーを購入したら「いいぞ、これ」、と。

一つもらって試しに私も使い出したら「確かにいいかも」。

と、いうか、使ってる時は別段何も感じないのですが、外すと急に足首が寒くなってその恩恵を痛感する仕組み。「こんなに温めてくれていたのか!」と。

年をとって首と名のつくパーツを温めることを意識し出したらもう24時間使いっぱなし。寝てる時はもうほんと、これなしでは不安になる程。

そんな酷使に見た目がボロボロになるのも早く、数年で買い替えをしているわけで。今年もそんなタイミングなのでまた加茂市のファクトリーストアへ買いに行こうと思っています。

これを書くにあたって久しぶりにサイトを見たらWordPressベースの綺麗なものになっていましたね。

更に「ケアソク」なる新しい製品まで。興味あるなぁ、これ。しかも、プロモーションの一環でサイトに掲載されている漫画がなんと田中圭一氏によるもの!

このソックスほしいけど、足が大きいから履けるかなぁ………

 

ヤマザキコッペパン塚田珈琲入りコーヒークリーム

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は全国的な販売網のパンの巨人:山崎製パンがご当地商品として販売しているコッペパンになります。期間限定品だと思うのですがいつまでなんだろう?

私、割とこのテのものが好きなんですが、これを見つけたのはつい最近。しかしヤマザキのサイトでは「2021年1月1日発売」と明記されています。うーん、正月あったかなぁ?大雪でそれどころではなかったのかも、私。

塚田のコーヒー牛乳は好きなのでもちろん、見つけた途端にカゴに入れていたわけです、確証もないのに美味しいと決めつけてとりあえず2個。

説明ですが塚田牛乳は新潟県の下越地方で抜群の認知度を誇る新潟市の会社です。ここでポイントなのは「下越地方で」というところ。新潟県は大きいせいか、中越地方、上越地方になると塚田の製品、スーパーではなかなか販売していないのです。中越では良寛とか原田のほうがシェアと認知度が上かも。

で、これ、早速食べたのですが、コーヒー牛乳の味というよりもほんのりコーヒーゼリーっぽい感じがしました。製造工場はもちろん江南区(旧:横越村)にあるYNI = 新潟工場でした。

余談ですが、このパッケージ右側のコーヒーとコーヒー焙煎機のイラストは元ネタの塚田コーヒー牛乳のパッケージに使われているものと同じ。ですので知ってる人にはすぐわかる仕掛けになってます。

サッポロ風味爽快ニシテビール

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は新潟限定で販売されているサッポロビールの「風味爽快ニシテ」です。

実は新潟県は地ビールが結構あるんです。流石にお酒ほど多くはないのですが、記憶を辿れば全国第一号地ビールを看板にしている「エチゴビール」の成功が大きいのではないでしょうか。今ではエチゴビールは普通にスーパーで販売されているほどポピュラーに。

この風味爽快ニシテは発売は2012年。なぜサッポロが?と思うでしょうが、簡単に言えば「創業者が新潟県人だったため」。新潟県長岡市与板出身の中川清兵衛がドイツでビール製造を学び、主任技師として札幌の醸造所で日本生産のビールを作ったのが始まり。

そしてその醸造所を受け継いでサッポロビールの土台を築いたのがこれまた新潟県新発田市出身の実業家:大倉喜八郎。ホテルオークラ創設でも有名な方です。まぁあとは一部では「政商」とも呼ばれていますが。

そんなわけでこのビールが生まれたらしいです。ただ、どちらも新潟県人なのに新潟で商売しなかったのは広い目で見れば正解でしょうけど、新潟の経済にほとんど貢献していないように見えるのは私だけでしょうか。ちょっと複雑な心境ではあります。

で、味はどうか、と申せば私、下戸なのでわかりません。かみさんの実家に盆暮れの付け届けとして購入はしているのですが、喜んでくれていればいいんですが。