What’s the beauty of Tees? vol.22

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

そういった想いをブログを見た香港の雑誌「Milk X」の編集者がすくい上げてくれてインタビューを受けることになりました。issue:169 Sept. 2020号で掲載されていますが、今回はその元ネタであるインタビューを全文掲載したいと思います。

一度簡単にブログで報告致しましたが、雑誌が香港、台湾マーケットなのでマンダリンで書かれており、今回はemailを介して行ったインタビューの原文:英語のものを掲載します。

Milk X magazine Hong Kong September #169 Issue.
Thank you to spend the time with MILK X.

MILK: Can you briefly introduce yourself to our readers?

ME: Hello readers. My name is Masahito Homma, I live in Niigata, Japan and run a small, online EC shop for custom-ordered “MADE IN USA” T-shirts.

MILK: How long have you been collecting t-shirts?

ME: Actually, I didn’t originally intend to collect T-shirts, I just wanted to wear them, but you know, now I’ve got hundreds of T-shirts in my closet from the 1990’s.

MILK: What makes you to collect t-shirt but not other clothing? Any behind story?

ME: Simply because T-shirts are part of my closet, and necessary for daily life. That’s all.

My lifestyle doesn’t need white shirts, neckties, suits, or shiny Alden shoes. If I were a businessman, I would have collected classic shoes like Alden, Church’s, John Lobb, etc.

However, one thing I would like to say is that, as a teenager, I noticed that although various American brand T-shirts were very different, they were all in good taste and they all felt better than any sportswear T-shirts like Adidas, Puma, Asics, etc., and so the journey began.

In the early 1980’s in Japan, a lot of American casual wear was imported for fashion-conscious youngsters with American culture. Levi’s, Nike, New Balance, etc. At the time, I remember the culture media said “The 3 biggest American T-shirt companies were Hanes, Fruit of the Loom, and Health Knit.” My first American T-shirts were Hanes 3-pack (a.k.a. Red Label – means 100% cotton) in 1981, and they stole my heart! I had never experienced such a soft feeling, not top quality but good for daily use. You know American products are basically really practical.

The price was not too high for teenagers even though they were made in the U.S.A. I was astonished at how great American products were!

At that time I loved Hanes T-shirts mainly, but nowadays I’m not so keen on them.

I mean, I do like originals – American ones should be American-made, British bone-china teacups should be made in Britain, Italian leather bags should be crafted in Italy. I’m not talking about the quality, but about the identity and the styles.

And I do love music. Buying merchandise T-shirts is another convenient way to support my favourite musicians & record labels. Especially tour merchandise T-shirts tend to be collectable and memorable. That’s why there are so many of them still here.

MILK: Which brand and which year of t-shirt you think is the most comfortable to wear?

ME: I can’t tell you which the most comfy T-shirt is, but in my opinion, the one which impressed me the most was the 1993-95 Hanes Beefy-T which had The Slanting HANES BEEFY-T logo on the tag and the early 2000’s American Apparel’s 50/50 Ringer T-shirts.

Both are “MADE IN USA” period products, and the length of the shirts is bit shorter than other eras and really fit me – height 175cm.

The late 1990’s Hanes shirts are bigger and wider than mid 1990’s, even the same size, because they changed the place of origin (they moved to Jamaica, Mexico, and Haiti) and changed the way it was sewn. That was so sad to me. I still love the classic looks, old school specified T-shirts with a simple neck rib, tubular, about 5~6oz fabric, and “Made in USA”. These characteristics are what most American T-shirts lost in the late 1990’s.

Still in tears about it in 2002, I got one American Apparel combed ringer T-shirt on eBay (American Apparels were not available in Japan at the time). I didn’t like any cotton-polyester combed T-shirts due to their lint balls, but this American Apparel one was different from others. It kept its softness and didn’t have many lint balls. After that, I become a big fan of AA and changed my mind to switch from Hanes. But the only one thing I didn’t like about AA was that the length varied. Some fitted, but some were longer. Anyway, that kind of thing is really American, I think. No-one cares about it, and will say “ So what? that’s America!”.

The last one I nominate is Nike Dri-Fit Knit T-shirts, first made-model in 2013, and made in Sri-Lanka. They were only available in the US, and limited European accounts. They were not suitable for daily use, but seemed to be perfect for running, they kept you dry while moving. But unfortunately Nike changed their specs for the next models, I’ve never felt the same good feeling with others.

MILK: Which brand and which year of t-shirt you think is most uncomfortable?

ME: I’m sorry, but I’d prefer not to answer that question, I don’t want to say anything negative about anyone’s products.

However, just one thing, I’m deeply concerned that the quality depends on the country of origin. Even the same products from different origins vary in quality. To me, that’s very disappointing.

And I’m definitely not interested in any high-brand clothing, especially items printed with “big brand logo” on the front, as if to show off how much money people have. That’s a kind of uncomfortable matter to me.

MILK: Which design, or which year of t-shirt you most want to collect but you can’t buy? What is the reason?

ME: I’ve been looking for NOS mid-1980’s Hanes Beefy-Ts for years, but I know they are not easy to get nowadays. Who else still keeps them? Even if I could find them, they would be too expensive to get.

I have to explain why the mid 80’s ones are so special. Many T-shirt shapes are like a letter “T”, but in the mid-80’s Beefy-T was not. The neck and shoulder part to the sleeve sloped down, it looked so cool, beautiful too! It also fitted my body tightly. But they were only produced for a short period, Hanes changed their specs soon.

MILK: If you find a t-shirt with very bad condition, but you really like the design and you really want to collect, what would you choose?

ME: Basically, I would ignore that item by closing my eyes, because my first impulse is to just wear it, or not, not just to collect or keep in the closet. I don’t want to wear any soiled, bad conditioned, old ones.

MILK: Do you think the t-shirts you collected is a part of your personal archive? Will you keep forever or you will sell it?

ME: Well, yes, they may be a part of me, over 30-year-old things still stay in my closet and wait to be taken out by me. They always remind me of when I bought them and hold memories, so I will not sell any or just throw them away when they are worn out.

I may give some to my friends if they want, (but I also know no-one wants such old things). If someone who is familiar with their value, requires some and asks me, I might give them some. Anyway, I’m pretty sure I won’t have them cremated with me when I die.

MILK:Please share more t-shirt Brand LABEL that you love. 

ME: I want to share my favourite brands which you can easily get now.

1). Belva Sheen: Belva Sheen was established in OH, US in 1932. It went bankrupt in the 1990’s, but a Japanese company registered the trademark of “Belva Sheen” and re-built the brand value. They are made in the USA, using 5oz rough cotton.

2). Royal Apparel: founded in the 1980’s, is a NY business. Their policy is “MADE IN USA”. They produce the products in their-own factory in NY. Until a few years ago they were wholesalers, but now everyone can buy their T-shirts at their online store.

3).  hommage: founded in 2017 in Japan. Sorry for introducing my own company.  I pay hommage to good old 80’s T-shirts and  they are custom-made to order by Royal Apparel, using US yarns fabric, attached the clothing labels which are made in Japan. Definitely that’s “made in USA” proudly.

Hanes ComfortBlend EcoSmart T #5170 circa 2020

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はHanes。もうこのブログでは「個人的に好きなT-shirtsブランド」ということもあって最も多く登場しているブランド。これは日本未発売の本家アメリカ流通品のプロダクトになります。

Hanes ComfortBlend EcoSmart T #5170 circa 2020

Read More….💁🏻

連休中の記録的大雪のため遅延が発生しています

いつも有り難うございます。

さて、1月8日深夜からの寒波による大雪で北陸地方はもとよりここ新潟県も記録的な大雪で生活に支障が起きています。

新潟市は比較的新潟県内でも雪の少ない街なのですが、今年は3年前の大雪と同じ、一晩で数十センチ積もるという大雪になっています。

そして新潟市は豪雪地でおなじみの消雪パイプというものがインフラに組み込まれておらず、よって生活道路も除雪車に頼るしかないという状況です。配送業者も配達の遅延、受付などを一時的に休止しており、したがいましてオーダーは受け付けますが発送業務に遅れが生じること、ご了承いただきたいと思っております。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

大雪による郵便物の遅延について

あけましておめでとうございます。今年もよろしく申し上げます。

さて、年末から新潟県内では寒波の影響で数日で大雪になると言う事態に見舞われています。

そのため郵便などにも影響が出ているようで、遅れが生じているようです。

年末年始にこれだけ雪がまとまって降るのは数年ぶりですが、それが今週いっぱい続くようで、お届けに時間がかかるかもしれませんがご了承いただきたいと思っております。

hommage 本間雅仁

令和2年(2020年)年末年始の営業について(再掲)

いつも有難うございます。

今年の年末年始の営業ですが、hommageはオンラインのご注文は通常通り受け付けますが発送は郵便局窓口の年末年始営業に合わせて12月30日水曜日〜20201年1月3日日曜日の間休業致します。発送などは1月4日月曜日からの予定となります。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

so nice x 江口寿史「光速道路」#SOEGT-24415SWHL T-shirt circa 2020

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は2020年5月27日にひっそりとタワーレコードで販売された、新潟在住の鎌倉さんがリーダーのバンド:so niceのシングルジャケットにもなったイラストがモチーフのコラボTになります。

so nice x 江口寿史「光速道路」#SOEGT-24415SWHL T-shirt circa 2020

Read More….💁🏻

五泉市:菅名岳 by 近藤酒造

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回は五泉市の酒蔵、近藤酒造株式会社の「菅名岳」です。

この名前は五泉市にある山:菅名岳から命名されています。で、仕込みにはそこで汲み取った清水を使っているとのこと。確かに毎年冬になると「寒九の水」を汲みに行く方々の映像が地元の夕方のニュースに流れるのが新潟県の風物詩みたいになってます。ずっと昔は樽みたいなものをしょって歩く映像でしたが、最近ではポリ容器みたいなもっと機能的な?ものに代わったりしてそこでまた時代を感じられる、というか。

詳細はサイトを引用。

新潟県五泉市の菅名岳の中腹から湧き出る「どっぱら清水」を仕込みの水に使った「菅名岳 別撰」。やわらかでふくらみある香りが楽しめるお酒です。冷や派から、お燗派まで毎日飲めるさらりとした辛口の酒質です。

まぁこれは「五泉の水は美味しい」というコンセンサスが行き渡っているからでしょう。以前も書きましたが絶滅危惧種の「トゲソ」がまだ生息しているくらい良質の水が町中に流れているんですから。

数十年前までは日本でも屈指のニットの生産地として景気も良かったんですが、中国などの安価な海外生産品に押されしまい、ブランド力も発信できないまま衰退の一途をたどっています。

余談ですが随分前に週刊新潮の櫻井よしこ女史のコラムに五泉市のニット会社のことが書いてありました。「これからは中国」という周りのコーディネーターやコンサルタントの言葉に乗って中国に工場を作ったのはいいが、良かったのは最初の数年で結局は工場も中国に摂取され、その負債が引き金になって五泉での経営も立ち行かなくなって倒産という話。

でも今ではデンカが工場を五泉に2つ作って雇用やらの需要を生んでちょっと景気が良いようです。

インフルエンザワクチンの原液製造工場なのでこれからももっと需要があるコンテンツの生産なので昔みたいな賑やかな街に戻ってくれればなぁと思ったりしてます。

 

新潟県柏崎市:じょんのびの里コシヒカリ

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は新潟県柏崎市高柳町で収穫されたコシヒカリになります。

高柳町は荻ノ島という集落が有名でして、ここは本当に小さな集落なんですが今でも茅葺き屋根の家を保存しつつ現役で使いながら生活しているんです。私も1990年代にはよく写真を撮りに足を運んでいました。屋根を葺き替える職人さんがいなくて集落存亡なんてことを一時期言われていたりしたので。

で、その帰り道に温泉施設があるじょんのび村で温泉に浸かって帰るというご満悦な休みを過ごしていたりしていました。

ここの温泉は新潟県内では珍しい茶褐色。匂いは薬草でも入れたのか?と言った感じで、アース製薬の「温素:琥珀の湯」が最もイメージに近いです。なかなかじょんのびに行けないので私はこれが登場した時に独り大喜びしたんですが家族にはあまりいい顔をされず。

じょんのびの温泉は開放的で、お昼に入るのが最高の贅沢だと思います。

で、このコシヒカリはそのエリアで収穫されたもの。平地ではなく、山あいの田んぼで作ったものなので必然的に収穫量も多くはないのが容易に想像できます。

これは新潟県内最大数の店舗を有するスーパー:原信で購入できます。ただ、下越地方の原信では取り扱っていないお店もあるので(下越は下越で収穫したコシヒカリを販売するからでしょう)、中越地方の原信で見つけるのが確実かと。

新型コロナウイルスで外出がはばかられていましたが、春になったらまた行きたいなぁ

Bella+ Canvas x STAX “Vintage” T-shirt #888072185760 circa 2020

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は未だに大好きなレコードレーベル: STAXのオフィシャルT-shirtです。

Bella+ Canvas x STAX “Vintage” T-shirt #888072185760 Front circa 2020

Read More….💁🏻

令和2年(2020年)年末年始の営業について

いつも有難うございます。

今年の年末年始の営業ですが、hommageはオンラインのご注文は通常通り受け付けますが発送は郵便局窓口の年末年始営業に合わせて12月30日水曜日〜2021年1月3日日曜日の間休業致します。発送などは1月4日月曜日からの予定となります。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。