ヤマザキコッペパン塚田珈琲入りコーヒークリーム

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は全国的な販売網のパンの巨人:山崎製パンがご当地商品として販売しているコッペパンになります。期間限定品だと思うのですがいつまでなんだろう?

私、割とこのテのものが好きなんですが、これを見つけたのはつい最近。しかしヤマザキのサイトでは「2021年1月1日発売」と明記されています。うーん、正月あったかなぁ?大雪でそれどころではなかったのかも、私。

塚田のコーヒー牛乳は好きなのでもちろん、見つけた途端にカゴに入れていたわけです、確証もないのに美味しいと決めつけてとりあえず2個。

説明ですが塚田牛乳は新潟県の下越地方で抜群の認知度を誇る新潟市の会社です。ここでポイントなのは「下越地方で」というところ。新潟県は大きいせいか、中越地方、上越地方になると塚田の製品、スーパーではなかなか販売していないのです。中越では良寛とか原田のほうがシェアと認知度が上かも。

で、これ、早速食べたのですが、コーヒー牛乳の味というよりもほんのりコーヒーゼリーっぽい感じがしました。製造工場はもちろん江南区(旧:横越村)にあるYNI = 新潟工場でした。

余談ですが、このパッケージ右側のコーヒーとコーヒー焙煎機のイラストは元ネタの塚田コーヒー牛乳のパッケージに使われているものと同じ。ですので知ってる人にはすぐわかる仕掛けになってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA