Bella + Canvas x Rounder Records T-shirt circa 2020

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はアメリカのカントリー・ブルーグラスレーベルである「ROUNDER」のロゴが入ったオフィシャルTになります。

Bella + Canvas x Rounder Records T-shirt Front circa 2020

Read More….💁🏻

Tower Records “No Kicks, No Life” T-shirt circa 2015

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

今回の物件はレイザーラモンRGとタワレコのコラボで実現した「NO KICKS, NO LIFE」T-shirtになります。

芸人として成功するやいなや実はかなりのスニーカーフリークであり、バイク大好きであり、ベースギタープレイヤーということまで披露して趣味人の顔も見せている彼ですが、これは2015年8月にタワレコの一部店舗とオンラインストアで販売されました。

Tower Records “No Kicks, No Life” T-shirt Front circa 2015

Read More….💁🏻

Hanes Beefy-T x  “Macintosh Finder ” T-shirt circa 1996

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はMacOS時代からこのアイコンだけは変わらない、まさに「アイコニック」なFinderアイコンがプリントされたAppleのオフィシャルT-shirtになります。1990年代に販売されていた懐かしいものの一つです。

Hanes Beefy-T x  “Macintosh Finder ” T-shirt Front circa 1996

Read More….💁🏻

新潟県五泉市:キウイフルーツ

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は毎年冬の一時期にしか入手できない五泉市橋田地区で作られているキウイフルーツです。

これ、初めて食べたのが7〜8年前。親戚の叔父が持ってきてくれたのが最初でした。何の説明もなくもらったもので正直「なんでキウイ?しかも五泉で作ったの?」と不思議でした。聞いたこともなかったもので。

ですが食べてびっくり!あま〜いっ! 

今でこそニュージーランドのキウイも甘いものが販売されていますが、それまではキウイ=ちょっと酸っぱいというのが常識だったと思うのですがこの甘みと美味しさ!たちまち虜に。

なのに流通量が極端に少なくその年はそれでおしまい。以来毎年冬になると販売されるのを待ち焦がれるようになりました。

で、今回も運良く入手。贈答用の箱買いまではできないのでとりあえず、と。

早い年だと11月下旬にはお店で見つけることもできるらしいのですが、私がこれを見つけたのは去年の12月中旬。そして年が明けて1月には既に市場から姿を消すのが通年。このブログは2月にアップしたのでそれ以降にブログを見つけた方、今年の冬頑張って見つけてください。

因みにこれは新潟市西区亀貝にあるJAみらいが運営している「いっぺこ〜と」で購入。ちょっと安いと思いました。なんとなく一個¥100くらいの認識だったので。

UnitedAthle x “シベリア超特急5” T-shirt circa 2005

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は昔カルト的な人気をごく一部で誇った映画:「シベリア超特急」の5作目のプロモを兼ねたオフィシャルT-shirtになります。

UnitedAthle x “シベリア超特急5” Official T-shirt circa 2005

2年前にもブログに公開していますが、こちらは別バージョン。

シベリア超特急とは故・水野晴郎氏のライフワークとも呼べる監督映画でして、サブカル好きには静かに話題になっていました。

これはその第五弾が2005年2月11日に公開された後、水野氏のオフィシャルサイトで購入しました。16年前ですね、もう。

フロントには故・ナンシー関女史の手による水野氏の消しゴム版画イラストが。2005年には既にナンシー関女史は亡くなっているのですがきちんと許可をとってのこれでしょう。右下に©️Nancy Sekiとクレジットがあります。

この、シベ超とナンシーの組み合わせだけでもサブカルの頂きを感じずにはいられなくなり「買い」なわけで。

ボディはタグから分かるようにUnited Athle。生産国は忘れました。多くのそれ同様中国製だと記憶しているのですが記録していたわけではないのでこのブログではタグをつけないことにしました。

手ぶれを起こしたこの写真しか残っていないのが残念ではありますが記録ということでご容赦下さい。

加茂市:山忠の健康足首ウォーマー

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は「新潟の冬が始まる頃に折込チラシに登場する」新潟県加茂市にある会社:山忠の足首ウォーマーになります。愛用して数十年になります。

もともとは母がチラシを見て「注文して」と言い出したのが始まり。その時はかかとに潤いを与えるソックスだったと思います。その頃はでもかかとに別素材が縫い付けられていてきちんと整えて履かないと違和感があったり、ちょっと乾きにくかったりとあまりいい印象がなかったようでした。その後この足首ウォーマーを購入したら「いいぞ、これ」、と。

一つもらって試しに私も使い出したら「確かにいいかも」。

と、いうか、使ってる時は別段何も感じないのですが、外すと急に足首が寒くなってその恩恵を痛感する仕組み。「こんなに温めてくれていたのか!」と。

年をとって首と名のつくパーツを温めることを意識し出したらもう24時間使いっぱなし。寝てる時はもうほんと、これなしでは不安になる程。

そんな酷使に見た目がボロボロになるのも早く、数年で買い替えをしているわけで。今年もそんなタイミングなのでまた加茂市のファクトリーストアへ買いに行こうと思っています。

これを書くにあたって久しぶりにサイトを見たらWordPressベースの綺麗なものになっていましたね。

更に「ケアソク」なる新しい製品まで。興味あるなぁ、これ。しかも、プロモーションの一環でサイトに掲載されている漫画がなんと田中圭一氏によるもの!

このソックスほしいけど、足が大きいから履けるかなぁ………

 

American Apparel (GILDAN -Era) #2001W T-shirt circa 2020

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はAmerican Apparel。大好きだったブランドであります。

2016年10月に突然世界中の店舗を閉店させて破綻、のちにカナダの大手: GILDANにブランドは買収されました。

その買収後の製品をあえて購入してみました。2000年代初頭からお気に入りだったその品質はそのままでしょうか?

American Apparel (GILDAN -Era) #2001W T-shirt circa 2020

Read More….💁🏻

ヤマザキコッペパン塚田珈琲入りコーヒークリーム

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は全国的な販売網のパンの巨人:山崎製パンがご当地商品として販売しているコッペパンになります。期間限定品だと思うのですがいつまでなんだろう?

私、割とこのテのものが好きなんですが、これを見つけたのはつい最近。しかしヤマザキのサイトでは「2021年1月1日発売」と明記されています。うーん、正月あったかなぁ?大雪でそれどころではなかったのかも、私。

塚田のコーヒー牛乳は好きなのでもちろん、見つけた途端にカゴに入れていたわけです、確証もないのに美味しいと決めつけてとりあえず2個。

説明ですが塚田牛乳は新潟県の下越地方で抜群の認知度を誇る新潟市の会社です。ここでポイントなのは「下越地方で」というところ。新潟県は大きいせいか、中越地方、上越地方になると塚田の製品、スーパーではなかなか販売していないのです。中越では良寛とか原田のほうがシェアと認知度が上かも。

で、これ、早速食べたのですが、コーヒー牛乳の味というよりもほんのりコーヒーゼリーっぽい感じがしました。製造工場はもちろん江南区(旧:横越村)にあるYNI = 新潟工場でした。

余談ですが、このパッケージ右側のコーヒーとコーヒー焙煎機のイラストは元ネタの塚田コーヒー牛乳のパッケージに使われているものと同じ。ですので知ってる人にはすぐわかる仕掛けになってます。