新潟市南区:弥彦の枝豆うどん

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回は南区月潟(旧月潟村)の入澤製麺株式会社が生産販売している「弥彦の枝豆うどん」です。

枝豆の季節は終わってしまいましたが加工品はまだまだ旬ってことで。

夏になると蕎麦とか冷やしうどんを食べる機会がかなり増えるのでスーパーへ行ってもこういった商品に目がいきがちです。

弥彦の枝豆「弥彦むすめ」は新潟県内でも下越では出回りますが、ちょっと価格帯が上のブランドになります。そのブランド枝豆を使っているというのが最大のアピールポイント。まぁ「弥彦むすめ」の付加価値を知っていないと「だから何よ?」と言われそうですが。

そこに県産のこしひかり米粉もブレンドしていると言う、新潟の産業に寄与している商品。先日紹介したうどん&そうめんもそうですが、全国区とは言い難いけれど県産の産業に寄与してるこういったものはやっぱい応援したくなります。

果たしてお味はと言えば、クセもない、食べやすいうどんです。

パッケージではかなりエグい緑色をしたうどんだなぁと思われるでしょうが、実際はほんのりと緑色で「あぁ枝豆入ってるんだな」という感じ。正直、パッケージの色合いで二の足踏む人もいると思うので(私がそうでした)パッケージの色味を実物に寄せた方がいいとは思うのですが。

あと「ゆで時間5分」と明記されていますが、私が調理したところ5分だとまだ芯が残った状態でしたのであと1分ほどゆでたほうが美味しいと思います。

この商品自体はオフィシャルサイトのニュースリリースでありますように2016年8月に販売が開始された模様。季節商品ではないようなので機会があったら是非。

UnitedAthle #54010-01 x みうらじゅんフェス限定販売「Since」T-shirt circa 2019

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は2019年7月6日〜9月1日まで富山市民プラザで開催されていました「みうらじゅんフェス」で購入した「Since」T-shirtです。

UnitedAthle #54010-01 x みうらじゅんフェス限定販売「Since」T-shirt circa 2019

Read More….💁🏻

新潟コシヒカリ by JA新潟みらい

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回のお米はJA新潟みらいが販売しています「新潟コシヒカリ」。このブログに載せるためもあって?結構県内の色んなところで買うようになりまして、でも新潟県内のコシヒカリなので平均点が高いこともあって「うわっ!これは!?(美味い!)(美味しくない!)」という、抜きん出た感想がでなくなっています。贅沢な悩みでしょうか。

なのであとは入手の容易さ、価格といったところで差が出ると思うのですが、こちらは税込¥2080。少しお安く感じます。今年はなんとなく米相場が去年よりも高かったような気がしまして、確か去年までは5kgを¥2000ちょっとで買えていたのですが、今年は平均的にコシヒカリは¥2300前後。

そんな状況なのでこの値段は少しではありますが、お財布に優しいわけです。一点買いじゃなく、コンスタントに購入するお米なら尚の事。

このコシヒカリは栽培地がピンポイントではありませんが、越後平野と言及されているので新潟界隈で収穫されたものでしょう。

今年のお米の出来はどうなんでしょう?先日は早生品種も紹介しましたが王道のコシヒカリも美味しく育ってればいいですね。

 

 

Hanes Ultraweight “Elvis Costello : Brutal Youth Tour” T-shirt circa 1994

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は1994年9月に来日公演を行ったElvis CostelloのツアーT-shirtです。

Hanes Ultraweight “Elvis Costello : Brutal Youth Tour” T-shirt circa 1994

Read More….💁🏻

新潟市江南区:丸榮製粉「にいがたの小麦畑つるるとそうめん」「にいがたの小麦畑もちっとうどん」

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は私も初めて入手したそうめんとうどんです。

これ、先日生協で入手したのですが、キモは「新潟県産小麦粉を使っている」というところでしょうか。

新潟県といえばどうしてもまずは「お米」、そして平成29年度調べで全国10位の収穫量(シェアはわずか1.4%…..)をマークした蕎麦になるでしょうか。

私の認識でも「新潟県で小麦?」というものでしたが、1980年代までは新潟県内でも500トンあまりの収穫量があったんだそうです。それが1993年の米の不作から激減してその後はほぼ壊滅状態という有様に。

その「新潟県産小麦」を復活させて商品にしたのが今回の2つになります。

オフィシャルサイトのニュースリリースでは

2017年12月12日に「にいがたの小麦畑もちっとうどん」が、

2018年4月2日に「にいがたの小麦畑つるるとそうめん」が発売開始となっていますね。

でも私、これらの商品を最も顧客の目に届きやすい県内大手のいくつかのスーパーで見たことないんですよね。なんでだろ?なんて思っていたら先日西区のウオロクで販売しているのを発見しました。現時点ではこのお店でしか見かけませんでしたし、Facebookで問い合わせのコメントを拝見すると2017年末の時点で新潟駅のココロ万代でしか直接買える場所はなかったようです。

新潟県では米粉のシェア拡大も頑張っているんですが、なんだかバズるには程遠い状況。プロモーション下手の土地柄が出ているのでしょうか?

丸榮製粉が扱う小麦はFacebookをみると新潟県内の数カ所で栽培しているみたいですね。

頑張って欲しいのでこうして買って微力ながら協力したいと思います。

LC WAIKIKI #554875 “Dinosaurs” Kids T-shirt circa 2019

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はかみさんが海外出張に行った際にお土産として購入してきたT-shirtです。

「LC WAIKIKI」という、一見「ハワイのブランド?」と思わせるブランドなんですがさにあらず。

LC WAIKIKI #554875 “Dinosaurs” Kids T-shirt circa 2019

Read More….💁🏻

佐渡の酒:北雪金星

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回は明治5年創業、佐渡にある蔵元:株式会社北雪酒造の最もベーシックなお酒「北雪」です。

お神酒がわりに購入する際とりあえず地元のお酒をチョイスするのですが、ちょっと遠方ですね、佐渡。

でもお酒やお米は結構新潟市内でも購入できるのでそれほど苦労はしません。

ここの酒蔵は正直「久保田」とか「越乃寒梅」とか代名詞みたいなお酒はすぐには思いつきませんが、とにかくチャレンジしてして、たまに地方紙でも記事になったりします。

いち早く海外展開をしたり、サイトのトップページで写真が見れますが、あの有名なレストラン「NOBU」の冠がついたレストラン専売品とか。オリジナルラベルサービスは結構いいなぁ。完全に発注側のオリジナルデザインをデータで送るのか、それともある程度のテンプレートが揃っていてそこから選ぶのかなどそのサービス内容はサイトには明記されていないのがちょっと残念ですが。

サイトも今時のもので非常に見やすく、乗り遅れた感じが全くしない会社です。

消費税率引き上げに伴う各種料金の改定について

平素よりhommageをご愛顧くださいまして誠に有難うございます。

さて、ご承知のように令和元年(2019年)10月1日より消費税率が10%に改正されるのを受けて各種サービス料金も変更になります。

T-shirtsの価格は今まで通り¥3,000ですが、消費税込みで¥3,240から¥3,300に、

配送料金は郵便局のアナウンスにもありますようにゆうパケット料金が

厚さ2cm以内(一枚相当)が¥310に、

厚さ3cm以内(2〜3枚相当)が¥360に改定されます。

何卒御了承の程宜しくお願い申し上げます。

葉月みのり by JA柏崎

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回はこの時期になんとも驚きの「新米」の紹介です。実はこれ、今年正式にデビューという二重で新しいお米「葉月みのり」というもの。

ニュースリリースなどを見ると去年品種は完成していて栽培もしていたようですが、平成31年(令和元年)に正式に流通、販売というもの。品種は早生品種で、今まで柏崎では越後早生を一押しで栽培していたと思うのですが、この葉月みのりはそれよりも収穫が早く、味も期待できるとのこと。

名称も「葉月(8月)に実って収穫できる」ことからつけられたとか。

しかし、8月に新米が食べられるとは…..時代も変わったものです。我が家から見える田んぼはようやく稲穂が実って田んぼが緑色から黄金色に変わりつつあるところだというのに。

生産しているのは現在は新潟県内でもこのJA柏崎管内だけのようですね。

そんなお目出度たさもあったのか、先週末の折込チラシで新潟県下でメジャーなスーパー(原信、ウオロク、清水フードセンター)がみなさんこの葉月みのりを広告に掲載していました。価格は5kgで¥2000(税込)前後でした。

コシヒカリの相場よりは少しお安め。お披露目でこの価格なのか、一年を通してこの価格なのかはリリースされたばかりでわかりませんが、価格帯はみずほの輝きと並ぶのかな?と思ってます。

早く食べたいのですが、先日旅行で訪れた際に購入した富山産コシヒカリが終わってないのでそれからということになります。食味の感想がなくてすいません。