新潟県十日町市:新川屋ミニ笹だんご

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回は十日町市に本社があります、明治23年創業の「新川屋」の笹団子です。

これは先日実家を訪れた時に母親からもらったもの。母親は新川屋の笹団子が大好きなのです。

新川屋の笹団子はそのあんこが特徴で、ここのお店のラインナップには「こしあん」「つぶあん」というのはありません。私はこしあん派ですので下越地方の選択できる笹団子を口にしがちなのですが、新川屋のあんこは「つぶあんとこしあんの真ん中」みたいな、独特のもの。つぶがあるのは口に入れると感じるのですが、つぶあんと名乗るほど邪魔しないのです。味はどちらかといえばあっさりめの方でしょうか。

で、これは私も初めて見ましたが「ミニ笹だんご」。

オフィシャルサイトでは「業務用ミニ笹だんご」と明記されています。業務用と言っても母親が購入できたのですから一般にも販売されているのでしょう。

大きさは一般的な笹団子の半分以下で、まさに一口サイズ。一枚の笹が折り返しになって巾着のようにパッケージされています。

うーん、食べやすい!

この食べやすさがついつい4〜5個一気にいっちゃいそうで怖いです。

下越地方では販売しているのを見かけませんが、長岡には営業所があって、お店の構えではないところがちょっと最初戸惑いますがそちらでも購入できます。

長岡営業所の近くにはあの長岡ラーメンの代表:青島食堂や、長岡で最も行列ができるラーメン屋:いち井があったりしますのでお土産に寄ってみてはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA