Tultex x Eagles Official T-shirt “Eagles 78” #EAG-SH-081 circa 2018

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はアメリカで最も成功を収めたバンド「Eagles」のオフィシャルサイトで販売されているT-shirtです。

Tultex x Eagles Official T-shirt “Eagles 78” #EAG-SH-081 circa 2018

年齢的にリアルタイムのファンではないので1982年に解散を発表するまでのライブは行ったことがありません。初めてライブに行ったのが再結成時の1995年11月14日のドーム公演になります。感涙でしたね。

因みにその時購入したツアーT-shirtはHotel Californiaのジャケットがフロントにプリントされたものでした。素材はコットン100%で今思えばanvilのHeavyweightっぽい多少厚手だったと記憶しています。で、印象に残っているのはタグが「giant」レーベルだったんですよね。ご存知の通りこのレーベル、eaglesのマネージャーだったアーヴィン・エイゾフが立ち上げたレーベル。その辺りは知ってたのですが「でもなんでワーナーじゃなくてゲフィンでもなくてジャイアント?」ってところが不思議でした。ビジネス上の何かなんでしょうけど未だ謎です。

で、これですが。シンプルで非常にいいです。この頃のeaglesが使ってたフォントというかロゴですね。

1978年は「Hotel California Tour」ですね。

ただ、これ、サマーツアー78のロゴからトリミングしたような感じもありますね。

使われているボディはTULTEXの202。1970年代に創業したTSCのブランドです。

Tultex x Eagles Official T-shirt “Eagles 78” #EAG-SH-081 The Clothing Label Artwork circa 2018

素材はコットン50%、ポリエステル50%の混紡。1980年代にはこの比率の素材はHanesを筆頭によく見かけましたが、21世紀になるとあんまり見なくなりましたね。ちょっと懐かしいです。

同じ型番のコットン100%の方はUSA コットンを使ってると明記されていますが、こちらはどうなんでしょう?生産はメキシコ。

タグは21世紀になってデフォルトになった感のある細長いもの。二つ折りで、全面がブランドロゴ、折り返しで素材、サイズ、製造国などが記載されています。このタグには折り返しがわかるようにという配慮なのか、デザインなのか、ブルーのラインが走っています。

size chart fig.2

1). 両袖のピーク幅 85.5cm
2). ネック後部からの身丈の長さ 77cm
3). 脇幅 53.5cm
4). ネックリブの縫い付け部の幅(首周り) 18cm
5). 脇の縫製部分の長さ(おおよそです)25cm
6). アームホール(平らにしての採寸)17cm
7). ネックリブ自体の幅 2cm

size: LARGE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA