Phil Collins Official “Drummer Boy” T-shirt circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はフィルコリンズのオフィシャルサイトで販売している「Drummer Boy」T-shirtになります。

Phil Collins Official “Drummer Boy” T-shirt circa 2017

Read More….💁🏻

Hanes Japan Fit CrewNeck T-shirt #H5110 circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はHanesの「JAPAN FIT」。2017年6月のブログでも書いたBEAMSともコラボT-shirtにも使われた元ネタになります。

Hanes Japan Fit CrewNeck T-shirt #H5110 circa 2017

Read More….💁🏻

Hanes Gold Pack CrewNeck T-shirt #HM2155G circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回はこのHanes。3パックです。

Hanes Goldpack CrewNeck T-shirt #HM2155G circa 2017

Read More….💁🏻

Hanes Comfortsoft T-shirts – Japan Edition – HM1EK706A “AEON 別注?” circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回は2018年1月に家族とAEONに買い物に行った際に見つけた物件。Hanesなんですが、パッケージが初めて見るものなので購入してみました。B.V.D.やグンゼがきちんと陳列されているのに何故かこれだけはその陳列棚の下に置かれていたので余計気になっての購入です。そんな扱いなのと時期的に2017年の在庫なのでは?と思い「2017年」にカテゴライズしています。

Hanes Comfortsoft T-shirts – Japan Edition – HM1EK706A “AEON 別注?” Package circa 2017

Read More….💁🏻

Hanes Premium Japan Fit CrewNeck T-shirt #HM1-F004 circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回購入したのはHanesジャパンのトップオブザラインの製品。Premium Japan Fitはプレーン(F001)とポケット付きがありまして、今回のはポケットT-shirt(F004)。ヘザーグレイはポケット付きかな、と。

Hanes Premium Japan Fit CrewNeck T-shirt #HM1-F004 circa 2017

Read More….💁🏻

B.V.D. “Finest Touch EX” #GN313 T-shirt circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回は個人的に初めての購入になるB.V.D.です。

B.V.D. “Finest Touch EX” #GN313 Package Artwork (Front) circa 2017

Read More….💁🏻

Hanes Comfortsoft T-shirts – Japan Edition – HM1EG752 circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回は気になっていたけれどなかなか触手が伸びなかった物件、ヘインズブランズジャパン株式会社の企画商品である「Comfortsoft」T-shirtsです。

Hanes Comfortsoft T-shirts – Japan Edition – HM1EG752 circa 2017

Read More….💁🏻

Fruit Of The Loom T-shirt circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回は「欲しいっ!」と急いで買いに行った物件です。Fruit Of The Loomです。

Fruit Of The Loom T-shirt Package circa 2017

Read More….💁🏻

Nike Dri-Fit T-shirt #886302-466 circa 2017

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

前にDRI-FIT KNITの初年度のプロダクトをアップした時に「そろそろ新しいの買おうかなぁ」と書きましたが、それが頭に残っていたのか、購入しました。ザッとナイキのサイトを見たのですがDRI-FIT KNITって数種類出てるんですね。微妙にディテールが違うようですが、決定的なものがわからずに選んだのがこれ。

Nike Dri-Fit T-shirt #886302-466 circa 2017

Read More….💁🏻

What’s the beauty of Tees? vol.7

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

先日のT-shirtのサンプルに続いてタグのサンプルも届きました。

危惧していた家紋も印刷時に潰れることなくきちんとプリントされてきて流石日本の会社!と思ったりも。

着心地を一番左右するパーツであるタグを日本でも有数の生産地である福井県のとある会社さんにお願いしました。ポリエステルサテンの生地というか、織り成す糸ですが、ここでは日本製のものを使い、ここの会社でデータを出力して印刷しています。

打ち合わせ時にサンプルで持ち込んだ某アメリカンブランドのタグを見せると「あーこれは中国製かなぁ」とすぐわかったようでした。どこでわかったんですか?と聞くと「中国のは織る時に日本製よりも表面に凸凹が出るのでそれが光を反射してギラついた表面になるんですよ。まぁそれを高級感と捉えて使うブランドもあるから悪いとは言いませんが」とのこと。

では御社も使いますか?と聞くと「うちは使いませんよ」と嬉しい答えをいただいたのでお願いすることにしたのでした。

紙にプリントアウトしたモックよりも多少お金はかかりますが、こうやってサンプルを作ってもらってチェックすると「フォント、まだ小さいなぁ」とかダメなところが明確にわかります。

一旦、これをアメリカのメーカーに送ってOKが出たら少し手直しして本生産をお願いしようと思います。

あともう少しです。

sample tag (made in Japan) for hommage T-shirts