新潟米物語JAえちご上越指定新潟県産こしひかり

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件はJAえちご上越指定県産のコシヒカリになります。この銘柄というか、文言のコシヒカリは初めて見たので購入してみました。

わたしの私見では上越は早生品種が多いイメージです。コシヒカリじゃない品種で美味しいなぁと思っている「みずほの輝き」なんて2008年デビューの比較的新しい品種ですが、上越から北陸地方にかけて栽培されていますし。

で、食べてみましたが、まごうことなきコシヒカリ。家族も誰も文句を言いませんでした。娘が何故かお米にうるさくて、ダメ出しをよくするのですがこれには娘もだんまり。(=文句無しの意)

これが終わった後に別の品種のお米を買って食べさせたら「また違うの買ったでしょ!」とすばやい反応が。まぁこの時期炊飯器を替えたってのもあるのですが、だまって食べてくれよ……

Hanes All-American Comfort Crewneck HM1-G201 T-shirt circa 2021

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は私も初めて見ました、HanesのT-shirt。Hanesなのにタイ生産品!という珍しさで購入してみました。

購入先は定期的にT-shirtsチェックに訪れるドン・キホーテ。突然これらがいくつかディスプレイしてあって驚き。前回訪問した時はなかったのに。もっとマメに来ないとダメなのかなぁ…..

Hanes All-American Comfort Crewneck HM1-G201T-shirt circa 2021

Read More….💁🏻

小千谷市新潟銘醸:旨口長さん本醸造

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は「ついに手に入れた!」と感無量の、愛くるしい「ヒゲの長さん」がラベルを飾ってる「旨口長さん本醸造」です。最高っ!

この物件、何故か蔵元のサイトには紹介されていません。謎。新潟限定流通商品なのか?とも思うのですが酒屋さんもそれっぽい事は言っていなかったし。酒屋さんで注文できるか聞いた時に新潟銘醸の営業さんに電話をして在庫があるかなど確認してくれていた時にそれらも聞いてもらえば良かったなぁ、とちょっと後悔。

恐らく中身は長者盛のこれだと思うのですが。

数日後無事に手に入れたこの一升瓶、うーん、ラブリー!

この絵柄だと単に長さんと愛犬ポチが笑いあってるだけなんですが、元ネタは以前ブログにも載せたセル画にもある通り、小判と長者盛を掘り当てて喜んでいる1コマ。

これをお神酒として使う予定ですので神様も一緒に笑ってくれたらなぁと思ってます。

Paul McCartney “The New World Tour “ Merchandise T-shirt circa 1993

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は昨日終了した「GOT BACK」USツアーでまだまだ現役をアピールした御大80歳のポールマッカートニーがほぼ30年前の1993年に行った「The New World Tour」のツアーT-shirtになります。

ポールの大復活を印象付けた1989年から始まった「World Tour」以来コンスタントに世界中でライブをしてるのって世界中で彼だけなのでは!

Paul McCartney “The New World Tour “ Merchandise T-shirt Front circa 1993

Read More….💁🏻

急激な円安に伴う価格改定事案について

いつも有難うございます。

さて、タイトルにもありますように昨今の円安に伴ってほとんどの業界が「値上げ」をアナウンスしています。

円ドル換算レートが割合フェアなAppleも先日WWDCでリリースアナウンスをしたMacBookAirなどが(体感的にはかなりの)実質値上げになったのが記憶に新しいです。

hommageでは現在1着¥3000(税抜き)で T-shirtを販売いたしておりますが在庫分はこの値段で販売継続したいと思っております。新規入荷の際は為替がどうなっているかは判然としませんが、その際はまた改めてお知らせいたします。

私としてはお客様がお求めやすい、日常的に着ていただけるような価格帯でこそ T-shirtsであると思いますので出来る限りこの価格を維持していけるよう努めます。

宜しくお願い申し上げます。

hommage 本間

HMV commemorative T-shirt circa 1996

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は「そういや、あったなぁ!」と懐かしい物件です。当時渋谷に鎮座していたCD SHOP、HMVのキャンペーンで当選していただいたT-shirtになります。

HMV commemorative T-shirt circa 1996

“HMV commemorative T-shirt circa 1996” の続きを読む

亀田製菓サラダホープ:えだ豆味2022

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は米菓の絶対王者?亀田製菓の、いつの間にやら新潟限定販売商品になっていた、サラダホープの、これまた例年この時期に登場する「期間限定」の枝豆味になります。

新潟県の枝豆消費量は日本一で、県内生産量もなかなかのものなのですが新潟県民がそのほとんどを県内で消費するために県外に名産品が行き渡らないと言う、痛し痒しな事案もあるくらいなのでこれはむしろ「あってしかるべき」商品。

本物の枝豆が夏に向けて本格的に出荷される前にこれを販売するのはなかなかの策士ぶりかと。

食べてみた感想は「それほど枝豆が強くないなぁ、やっぱりサラダホープ色が強い」かなと。でも基本が美味しいのであっという間に完食。小袋が6パックなのですが、「たけのこの里&きのこの山のファミリーパック」くらい小分けが物足りない気分です。口を開けて流し込めるくらいに。

で、このパッケージでもそうかと思ったのですが、先週の阿部幸のおかきもパッケージを縦型に変更していましたが、これもそう。スーパーのディスプレイも縦型の方が効率的(単純に幅を取らないし、ともすれば二列で商品を販売できる、パッケージが見やすい)なのでスーパーとメーカーの利害が一致してのこの判断なのでしょうか。

でも大袋も出してくれればいいのになぁ。

Tee Jays “SELEC-T” Riverside International Raceway T-shirt circa 1985

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は1985年6月2日に催された「Riverside International Raceway」のT-shirtです。37年前の昨日ということでアップしました。

Tee Jays “SELEC-T” Riverside International Raceway T-shirt Front circa 1985

Read More….💁🏻

阿部幸の柿の実:小千谷市

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は小千谷市の米菓会社:阿部幸の「柿の実」です。でも私、正直申しますとこれとよく似た「サラピーナ」の方が昔から知ってたんですよね…….

サラピーナは柿の種を生んだ長岡市の浪花屋製菓の商品なんですが、こちらの方が新潟県内ではスーパーなどでよく見かけたので購入していたのですが、最近新潟市内のスーパーでこれを見かけて購入してみました。と、いうのも「あれ?なんかパッケージ、変わってる?」という気になったので。

果たして阿部幸のサイトでチェックすると2021年6月のブログに「トレーをなくし、縦長デザインのパッケージに変わりました」と明記してあります。味は浪花屋のサラピーナ同様、ピーナツが生地に練りこまれていてちょっとボロっと崩れ落ちるような食感がまたいい塩梅なのです。若干の塩気も後を引くテイストの要因になってます。

亀田製菓、岩塚製菓、浪花屋製菓よりは正直知名度は低いとは思いますが、会社概要を見るとこの会社、あの長岡の老舗饅頭屋:紅屋重正を2020年にグループに引き入れていてびっくりしました。海外事業にも果敢に取り組んでいるようだし、私が知らなかっただけなのかも。ごめんなさい。

Hanes Beefy-T 2pieces T-shirts circa 2021(for Japanese Market)

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は日本ではお馴染みのヘインズブランズジャパンが販売していますBeefy-Tの2枚パック商品です。

Hanes Beefy-T 2pieces T-shirts circa 2021(for Japanese Market) Package

Read More….💁🏻