自宅で「小千谷へぎそば」を楽しもう!

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は「自宅で小千谷へぎそばを楽しもう!」と言うことで購入したへぎ蕎麦の「へぎ」です。

用事がありまして小千谷市に足を運んだ際、「そういやサンプラザで第16弾マンホールカード(小千谷市片貝花火バージョン)の配布を再開してたなぁ」と立ち寄っての購入。サンプラザ内には地元の観光施設も併設していて、着物の小千谷縮のコーナーがあったり、私がこれを購入した物産フロアがあります。1Fには新潟のラーメン好きが知ってる「つり吉」も。

で、以前から自宅で蕎麦を食べるときに「あったらなぁ」と思っていたこの「へぎ」に出会ったわけです。中越界隈の有名なお蕎麦屋さんでも1人前のへぎにはプラスチックのようなものを使うところもあり、まぁ管理も楽でわかるんですが、やっぱりちょっと残念だなぁと思っていたので余計これに目がいきまして。

家ではどうしてもお店で食べるような味にはならないのを百も承知で、でも気分だけは本格的な気分を味わいたい諸兄にはマストアイテムでしょう、これは。

大きさは2タイプあってこれは小さい方。1.5人前くらいのへぎ蕎麦対応でしょうか。

ここで私が初めて知ったのが「へぎの材は栂(つが)」が使われること。お店は独自で塗装していたものが供されるので無地の状態を見るのもあまりないのですが、何処かのお店で見たときはその木目が柘植っぽいけど柘植は水に弱いし、仮にそうだとしても大きさからして高価になるから違うなと思っていたのですが。栂って言葉自体初めてです、入力したのは。木へんに母。文字通り御神木にも使われるのかぁ。へー。

これから暑くなって蕎麦やそうめんの季節がやってくるので使うのが楽しみです。

最後に。この物産フロアで眼福な一品が。

そうです、流石地元!長者盛のCMで実際に使われたセル画が展示されていました。許可を得て撮影しましたが、やっぱり長さん、可愛いっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA