Hanes Nano-T #4980 circa 2020

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はHanes。すいません、やっぱりここが軸になるんですよね、私の場合。

そのHanesの日本未発売商品で、「nano-T」というもの。T-shirtsでなんだそれ?ってネーミングですが意外と私にはツボなプロダクトです。

Hanes Nano-T #4980 circa 2020

なんせ1980年代Hanesのような仕様。(おそらく)4.3ozクラスのコットン100%で、シングルネックリブ、丸胴。ただ商品説明に明記してあるように若干スリムフィットの模様。商品説明は以下引用。

PRODUCT DETAILS

So light and soft, you’ll fall in love with this T-shirt in a nano-second.
•Ultra-light cotton jersey feels great next to your skin.
•Contemporary styling for a slimmer fit. Size up for a roomier fit.
•Double-needle sleeve and bottom hems for longer life.
•Narrow, ribbed collar for a more vintage look.
•Country of Origin: Imported
•Fabric: 100% Cotton, Ash 99% Cotton 1% Polyester, Light Steel 90% Cotton, 10% Polyester
•Units per pack: 1

しかし2021年現在アンダーウエアカテゴリーでもネックリブはダブルステッチ仕様でゴツいルックスなのにどういった意図で販売されたんでしょうか?

おまけに物理的なタグまでつけて。(いち早くタグレスにしちゃったメーカーなのに、です)

推測ですが、新興アパレルメーカーの影響なのかなぁ、と。商品説明にも「Contemporary styling 」とわざわざ書いてるくらいなのでAmerican Apparel やBella+Canvasあたりを意識してるのかなぁ。

聞いたわけではない、ただの憶測なので文体もぼんやりしてますね。すいません。

この商品はドミニカ共和国生産品でした。

Hanes Nano-T #4980 The Clothing Label Artwork circa 2020

タグは黒いサテンタグ。かなり長いタグで、ネックテープからの長さが最大6.5cmもあるんです。

折り返しの上部に

nano-TⓇ
HanesⓇ

隠れている部分にはなんと英文のみで但し書きが。1990年代からHanesはメキシコマーケットも睨んでいたせいか(生産拠点でもあったし)、スペイン語表記もいち早く併記されていたまま現在まで続いているのですが、このプロダクトにはスペイン語がありません。アメリカ専売にしてもかなり大胆な決断な気も。

MACHINE WASH
COLD WITH LIKE
COLORS, INSIDE OUT
IF DECORATED
USE ONLY
NON-CHLORINE
BLEACH WHEN
NEEDED TUMBLE
DRY LOW COOL IRON
IF NEEDED DO NOT
IRON DECORATION
RN15763

L
MADE IN
DOMINICAN REPUBLIC

size chart fig.2

1). 両袖のピーク幅 82.5cm
2). ネック後部からの身丈の長さ 77.5cm
3). 脇幅 53cm
4). ネックリブの縫い付け部の幅(首周り) 18cm
5). 脇の縫製部分の長さ(おおよそです)27cm
6). アームホール(平らにしての採寸)18cm
7). ネックリブ自体の幅 2cm

Size: Large

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA