hommage x Royal Apparel #RA1001W circa 2018

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

ようやく商品の説明を兼ねた紹介ができます。

hommage x Royal Apparel #RA1001W circa 2018

素材は4.4oz 100% combed cotton。現在のアメリカでのT-shirtsとしては一般的な厚さのT-shirtになっています。生地もアメリカ国内で紡績されたものを使っています。あくまでベーシックなアメリカモノというコンセプトですので昨今定着した機能性のある生地ではありません。

このT-shirtsを生産販売するにあたっての明確な指針は

  • 1980年代のシルエットを継承
  • 故に当時はデフォルトであった「MADE IN USA」

の2つです。

悲しいかな現在ではアメリカの会社、ブランドでもアメリカ国内生産をしているところは非常に少なくなっており、私はその数少ないなかでNYでビジネスを展開しているRoyal Apparel社と交渉してこちらのパターンを用いて生産してもらいました。Royal ApparelはNYに工場があり「MADE IN USA」をポリシーにしている会社であります。

シルエットは少しタイトな感じになってます。数字的には似ていなくもないのですが、私が日常着ているなかではHanes Japanが販売しているベトナム生産品の「Comfortsoft」が寸法的に似ていると思います。

ですのでサイズの選択はそちらを少し参考にしてみてください。ただ、着心地は生地の厚さ、柔らかさ、シルエットの差異で随分印象が違いますのでご了承ください。

ネックリブは現在では多くのブランドがダブルステッチ仕様ですが、私はこのスッキリした首回りが昔から大好きです。1970年代〜90年代初頭まではこれが当たり前の仕様でしたし。

ただ、ネックリブの太さはここのブログを見ている人ならわかると思いますが1980年代初頭って5cmくらいある上に周囲が小さくできているのでキツくて顔が大きく見えるんです。変なモックタートルみたい。

ここではそれは一旦置いといて現在でもほぼ主流となった2cmを採用しています。

身丈は日本人がアウターとして着るのを前提としてアメリカンTよりも短めにしてあります。そしてちょっとわかりにくいかもしれませんが丸胴仕様としては無理のない感じで前身頃よりも後身頃のほうが5mm~10mm長めにしています。これはかがんだ時に腰やひいては下着がなるべく見えないようにという配慮です。一見すると下の裾がスパッと綺麗に直線的ではないので「アメリカならではのゆるい作りか?」と思うかもしれませんがそういった理由があってのことですのでこちらもご了承ください。

hommage x Royal Apparel #RA1001W The Clothing Label Artwork circa 2018

唯一の外部パーツと言えるタグ。2018年からは日本でも消費者庁の音頭で国際的な共通のアイコン採用と洗濯表記が変更になりましたのでそれに準拠してます。

この縦型のタグというのは21世紀になってからポピュラーになったのですが(American Apparelなどが有名でAnvilも2017年にこの縦型にタグが変更になってます)、チクチクしたことがないという点では非常に優秀だと思っており、hommageでもこの意匠を採用しています。

Royal Apparel のロゴとhommageのロゴが入ってます。

そしてタグの裏にも小さくて申し訳ありませんが明記してまして、タグのみ「made in Japan」です。

紹介してもらったラベルメーカーはグローバルな会社でベトナム、中国にも生産拠点がありまして、グローバルに飲み込まれるよりは特徴あったほうがいいなと思い、福井県の会社に制作をお願いしました。

福井県は実はアパレル・ブランドの織りネームの最もシェアのある生産地なのです。

販売前に何人かにモニターとして着てもらっていますが感想は

「生地が柔らかくて気持ち良い」とみんな言ってくれてます。

昔のアメリカのT-shirtsってそうだったんですよね。

それを知ってる人には思い出してもらい、「MADE IN USAって何がいいんですか?」と聞いてきた経験のない若い人達には「あ、結構いいんだ、アメリカ製って」と気付いてもらえれば幸いです。

size chart fig.2

1). 両袖のピーク幅 80cm
2). ネック後部からの身丈の長さ 71.5cm
3). 脇幅 50cm
4). ネックリブの縫い付け部の幅(首周り) 18cm
5). 脇の縫製部分の長さ(おおよそです)21cm
6). アームホール(平らにしての採寸)16cm
7). ネックリブ自体の幅 2cm

size: LARGE

これは販売品を採寸しましたが下に生産最終段階のデータを載せておきます。インチ表記ですが参考にしてください。

hommage RA1001 Spec. Sheet

*尚、Royal Apparelからのアナウンスでもあるのですが、生産工程においてこのデータと実寸にハーフインチほどの誤差が生じることもあるとのこと。そして生地は5%ほど身丈が詰まる可能性がありますのでこちらもご了承ください。

定価は一着¥3,000(税抜き)で販売予定です。宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA