Hanes Beefy-T “STAX Records” T-shirt circa 1998

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回はアメリカ黒人音楽の名門レーベルであったSTAXのT-shirtです。今でもレーベルはなんやかんやで存続はしていますが、1970年代の時とは経営スタイルも違うし、色んなレコード会社に吸収されたりして今に至っています。

Hanes Beefy-T “STAX Records” T-shirt circa 1998

で、個人的にはMOTOWNのリズムも好きですが、STAXのいなたいバッキングが大好きで昔から愛聴してました。そして好きが高じてレーベルが生まれた町、メンフィスへ旅行したのが1998年のこと。

このT-shirtはSUN STUDIOへ行った時に店内で販売されていたのを購入しました。当然SUN STUDIOのT-shirtsも数枚買ったのですが、今現在は残念ながら着倒して処分してしまい手元に残っていません。

これはホワイトが欲しかったけれどサイズのストックがなかったのでこのちょっと淡いイエローを買いました。普通プリントって左胸(心臓のあたり)に多く見られるのですが、何故かこれは右胸、やや下という不思議なレイアウト。

Hanes Beefy-T “STAX Records” T-shirt circa 1998

推測ですが、ひょっとしてギター弾いたりするときにこのレーベルデザインが良く見えるように配置されているのでは?普通は右利きですから。

T-shirtは一般的なBeefy-Tを使っているのですが、これ、よく見るとちょっと違うんです。

同じ1998年に市場に出回ったプロモT-shirtsと違うところが。

Hanes Beefy-T “STAX Records” T-shirt Tag Close-up circa 1998

まず大きなポイントは「Hanesブランドタグにサイズ表記」です。

サテンの一枚タグなら当たり前でしたがこの頃には既にケアコンテンツタグが別になってまして、大体は二枚目のケアコンテンツタグに見えるようにサイズ表記が大きく配置されているのですが、これはブランドタグにあります。

で、素材と生産国を見ると

100% PRESHRUNK COTTON
FABRIC MADE IN U.S.A.
ASSEMBLED IN MEXICO
CARE ON REVERSE

1998年のMac OS8.5のプロモBeefy-Tでは

USA MADE COMPONENTS, ASSEMBLED IN MEXICO
CARE ON REVERSE

と、微妙にニュアンスを変えているのです。

まぁそんなところから推測ですが、購入したのが1998年とはいえ、SUN STUDIOで発注したのが同じ年とは限らないし、その前の年からのストックとも考えられるので私はこれは1997年くらいに作られたのでは?と思ってます。プロモT-shirtsのように日付がプリントされていれば簡単に特定できるんですがちょっと残念です。

size chart fig.2

1). 両袖のピーク幅 88cm
2). ネック後部からの身丈の長さ 72cm
3). 脇幅 52.5cm
4). ネックリブの縫い付け部の幅(首周り) 22cm
5). 脇の縫製部分の長さ(おおよそです)25cm
6). アームホール(平らにしての採寸)20cm
7). ネックリブ自体の幅 2.5cm

size: Large

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA