新潟産にじのきらめき

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は新潟県産のお米のニューフェイス:にじのきらめきになります。やっと手に入れた!

この品種、2018年にできた新参者でして、噂は聞いていたのですが、新潟市内では発見できず。

私は偶然旧:新津市、現:新潟市秋葉区にある「にいつフードセンター」で発見しました。

で、このにじのきらめき。コシヒカリよりもちょっと安値で販売されていましたが、その値段相当。甘味はコシヒカリよりも少ないかなぁ、と。

栽培されているエリアは現時点では上越市界隈のようですね。みずほの輝きと同じ。まだ作付け面積が大きくないから収穫量も少ないのか、大手スーパーの流通網にのっていないから認知度もまだまだですが、期待したいと思います。販売が大手のパールライスだから大丈夫だとは思いますが、お米のパッケージにあまり使わない色合いがちょっと微妙なような気も。

山崎製パン白いコッペパン:ヤスダヨーグルトヨーグルト風味クリーム&ホイップ

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は少し前に販売されていたヤマザキが生産販売しているご当地コッペパン。新潟の工場で作られ、新潟県阿賀野地方の有名ブランド:ヤスダヨーグルトを使ったクリームが入ってます。

このヤスダヨーグルトを使ったパンは度々ヤマザキで限定ものとして作られてはいるんですが、ヤスダ色が強いかは各々の判断に任せるとして、ハズレがないのが私の今までの感想だったので今回も迷いなしで購入。

普通のコッペパンではなく、白いコッペパンなので食べた感想は「優しいなぁ」。

ヨーグルト「風味」のホイップ&クリームもほのかにヨーグルトの酸味というか、味わいが広がってなかなか美味しかったです。購入した時にすかさず他の情報を求めてヤマザキのサイトを覗いてみたのですが、このあと半月経ってもこの商品が掲載されることはありませんでした。なんで?

そして「期間限定」とも明記されていないのでしれっとスーパーに並ぶのを密かに待っていたりもします。

因みに以前紹介した「塚田のコーヒー牛乳」コッペパンなんですが、こちらは期間限定だと思っていたら一旦店頭から見えなくなったのに年末あたりに何食わぬ顔で並んでました。んでそれが消えたと思ったら今度はロシアパンで登場、と。ロシアパンの方は目が飛び出るようなカロリーなので今だに手が出ませんが。

柳都の舞 新潟県産こしひかり

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は「またか!」と思われるでしょうがお米。コシヒカリ。
しかし、多分このご時世ならではの商品なんだと思います。なんせ古町の芸妓さんが米作りに関与したコシヒカリなんですから。

この商品ができた経緯は引用するように新型コロナウイルスの影響でした。

「新潟の古町花街文化を彩る古町芸妓衆が

新潟を代表するお米作りに取り組みます。

美しい新潟の景色をいつまでも ― 。」

古町芸妓が作った新米コシヒカリです。

新型コロナウイルスの影響を受け、収入が落ち込む古町芸妓を農業の分野で応援しようと、農業機械などを販売する企業が立ち上げた柳都米プロジェクト。

売り上げの一部が古町芸妓の活動資金として寄付されます。

私がこれを見つけたのは新潟県最大店舗数のスーパー:原信。購入した新通店では1kgのみの販売でした。

ただ、コシヒカリにしてはやっぱりと言うか、ちょっと単価が一般的なコシヒカリよりも高額だったんです。ブランドとして成立している魚沼産コシヒカリと同等か、ちょっと高いなぁと思った記憶が。

そこにいつも購入する5kg換算で計算すると「じゃあやめようかな」と思うのも無理がないと言うか。

今年に限った話ではないのですが、お店で見た限りコシヒカリよりもこしいぶきの方を地元の人は買っているような気がします。

そこにきて1kgというのは地元の人間からしたらあまり購入しないし、せいぜいお土産に買うくらいなのかなぁ、と。

で、お土産だったら通りのいい魚沼の方が喜ばれるし、となるのが必然かな、と。

思いはみんな同じなのか、しばらくした後に買い物に行くとこのようにディスカウントされて販売されていました。精米されて店頭に並んでまだ1ヶ月くらいの時期でしたがディスカウントするにはちょっと早いような気も。

パッケージデザインは芸妓さんが絡んでいるのでお座敷=座布団をイメージしての(ほぼ)正方形なのでしょうか?ロゴも芸妓さんですね。多分なんですけどこのロゴをデザインしたのは新潟市で有名な会社じゃないかなぁ。ここで見られるような流れるようなロゴを多くクライアントに提供して色んな賞を受賞している会社ですが。

ともあれ、この投稿で今年のブログはおしまいになります。一年有難うございました。来年はコロナも少し落ち着いて経済活動も持ち直しますように。

南魚沼地区限定こしひかり鮮度保持パック

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は季節柄新米!ということでお米にしました。

知人に贈るのにいいな、と見つけたのがこれ。南魚沼産コシヒカリで、通常のパッケージと違い、チャックがついており、「鮮度保持パック」とも。販売は新潟ケンベイ。

容量は1kgではなく900gで、「約6合」と明記されているので計量しやすい容量設定にしたのでしょう。贈答用にもってこいの大きさだと思います。近所のスーパー:原信で購入しました。

Printstar x 栄軒「コーヒーパン」T-shirt #00148-HVT circa 2021

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は新潟県五泉市にあります、昭和2年創業の老舗パン屋さん:栄軒がオーダー・店頭販売しています、看板商品のパッケージデザインがモチーフの「コーヒーパン」T-shirtになります。

Printstar x 栄軒「コーヒーパン」T-shirt #00148-HVT circa 2021

Read More….💁🏻

ひらせい もち麦大福(つぶあん)

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は2020年9月発売から一年経ってようやく買えた、新潟県産もち麦を使った大福になります。

このもち麦大福、ここのニュースリリースから引用します

 【新潟】ひらせいホームセンター(HC)が初めて開発した加工食品「もち麦大福」(4個197円)が9月10日の発売から計画を上回る勢いで売れている。原材料のもち麦は100%県産で、精麦・製粉、製造、販売に至るまでオール新潟にこだわった商品。農業の産業化と農家の収入源拡大を目指す子会社のひらせいファームがもち麦を集荷。卸の森永乳業販売が仲立ちし、地元冷菓・和菓子メーカーのセイヒョーに製造委託した3社コラボの新商品。

とのこと。確かにオール新潟ですね、布陣は。

確かこれを見つけたのは地方紙:新潟日報の記事だったと思います。「へぇ〜、なんだろ、食べてみたいなぁ」というのが最初の感想。ただし、この時はひらせいホームセンターで専売みたいな扱いだったのでまぁ機会があった時に近くのひらせいに立ち寄ってはチェックしていたのですがいつも売り切れ。「そんなに美味しいのか?」と多少気持ちが前のめりになるも買えないのが続くと足が遠のくというもの。

そんなこんなで一年ほど経った初秋、出会いは突然訪れました。巻のチャレンジャーへちょっと買い物に寄った際見つけてしまいました。ラッキー!

結構大きめの大福で、麦という印象からは程遠いもちもち感。上新粉の食感に近く、特別感はあまりなく、パクパクいけます。これ自体の味(というか癖)もないようです。

中身はつぶあん。半粒っぽい、わかりやすく言えば新川屋系?

個包装にしてちょっとパッケージも凝れば「そこそこのモノ」っぽくもなれそうですが、この、袋に無造作に入ったパッケージはいかにも日常で食べてくださいといわんばかり。あともうちょっと販路が広がれば手に入れやすくもなるんでしょうけれど、このあたりはどうなんでしょうねぇ。

原信 x KONASNOW 自家焙煎珈琲クリームパン

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は新潟県民が大好きなコーヒーパン。ですが、こちらは味と価格帯から「大人のコーヒーパン」と呼べるものかもしれません。

入手先は長岡市の原信新保店。奥様が所用ついでに買ってきてくれました。新潟県では店舗数、売り上げ共にトップのスーパー:原信の店舗内で製造、販売しているベーカリーの商品なんだそう。私、ちょくちょく覗くんですが見たことなかったなぁ。

このベーカリー、味もなかなかあなどれないんです。街のパン屋さんも正直戦々恐々なのではと思うくらいに。

このコーヒーパンですが、「コナスノー」と別のお店の名前がついていて「あれ?」と。実は原信、自前のベーカリーコーナーとは別に大手のパン(山崎製パン、フジパン、pascoなど)の設置コーナーがあるのですが、店舗によってはその一角にご当地パン屋さんの商品も陳列、販売しているのです。てっきりそっちのコーナーに置かれている商品なのでは?と思い、製造者は見たら「原信新保店」。あ、原信が作ってたんだ、やっぱり。

その後KONASNOWを調べると新潟市江南区にある家族経営のコーヒーショップと判明。原信とコラボするなんて凄いなぁ……

肝心の味はと申せば、先に言ったように「大人の味」。いわゆる昭和から綿々と続くコーヒーパンの味ではなく、もっと本格派。流石自家焙煎のコーヒーをクリームにしただけあるなぁ。ただ、コーヒーの苦味はほとんどなく、甘ったるさも皆無。

で、他のコーヒーパンなどの大きさに比べると2回りくらい小さいコッペパンなんですが、このサイズ、価格、味からしたら「カフェとかに一緒に販売される軽食のような商品」と評するのが的確かと。

菓子パン扱いしたらダメよ、と。そんな印象を持ちました。

新潟県三条市(旧栄町):SUWADAの爪切り2006

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は10数年愛用しているmade in 新潟の逸品、SUWADAの爪切りになります。多分「あぁ、なんか見たことあるな」という方も多いのでは。

私がこの爪切りに興味を持ったのが2006年くらいだったと記憶しています。ローカル雑誌の新製品紹介みたいなコーナー記事の小さい扱いだったと思います。

ニッパーみたいな仰々しさ、でもネイリストから愛用されている、みたいな、提灯記事?と艶消しヘアライン仕上げのステンレス素材の美しい出で立ち。すぐに工場兼販売所のオフィスの場所を調べて買いに行きました。

当時は三条市への市町村合併前でしたので栄町でした。

訪れると受付には発売されたばかりのiPod U2 Special Editionが置かれていて、それを使ってオフィス内に音楽が流れていました。うーん、こういう方向のインテリアなのかぁと。

で、応対してくれた女性に色々聞いて最終的に現在では「クラシック」と名付けられたステンレス素材のものと、炭素銅が使われたマットブラックの2つを購入。ケースも一緒に購入しましたがタイミングよく?「アウトレットもあるんですが」と女性が勧めてくれたのでそちらを購入しました。革の表面に少し傷がついているのでアウトレットになったものですと説明してくれましたが、使っていれば革は傷もつくし、こちらで充分ですから。

帰り際に「切れ味が悪くなったらどうすればいいですか?」とケアを聞いたら「その時は持ち込んでくれれば研ぎ直しますので」と言ってくれました。どうしても皮脂で切れ味が悪くなってくるそうなんですが、幸運なことに10数年使っていても刃こぼれもないし、未だにスパスパ切れてメンテの必要はまだないようです。

これは販売された初期型とも言えるモデル。レバーの部分にスプリングが見えますがそれがポイント。この後改良型が出てここの部分にスプリングが使われなくなりました。

小千谷そば和田:小千谷のへぎそば

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は小千谷市にある老舗蕎麦屋さんが販売していますへぎそば(乾麺)になります。

以前にも和田さんの商品はブログに書いていますが今回のは王道ですね。

「へぎそば」と言えば未だにどうしても中越の蕎麦というイメージの私。新潟駅の新幹線の改札口前に小嶋屋があったり、私の家の近所にもへぎそば屋さんがあったり、新潟市内では食べるところが多くなっているのに。

県内のスーパーでも小嶋屋さんの乾麺が販売されているので手軽に食べられるんですが、この和田さんのそばはなかなかお目にかかれない一品です。ちょっと前に中条のスーパーで見つけて購入して以来かなぁ。

今回購入したのは魚沼市のスーパー。そしてパッケージが変更になっていたので購入に至った、と。

明朝体の上品なフォントを使った半透明のパッケージ。見るからに美味しそう。

で、やっぱり美味しかったのですが、1パック目を食べた時はめんつゆとの相性が好みではなかったのか、あまり満足いかなかったのでもう1パック食べる時はめんつゆを替えて(少し甘め)食べました。やっぱりこっちのほうが美味しいなぁ。

長岡市:三崎屋醸造新潟老舗あま酒

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は「あま酒」。冬になると特に愛飲してしまうのですが、「新潟のあま酒」と言えば私のイメージはこの三崎屋醸造さんの赤いパッケージでした。ってか、手軽にスーパーで買えるようなあま酒はこれしかなかったような。

蔵元までは子供の頃は気にしていなかったのですが、長岡市(旧:栃尾市)にある蔵元です。

ここの記事によると新潟県内で初めてあま酒を生産販売したのがここだったそうな。それが昭和30年代。以来(多分)パッケージデザインは変更されていないようです。

ただ、私が最近これを手に取った理由は「あれ?パックじゃなくて確か針金のようなひも(←”ビニタイ”というらしいです)だったような?しかもなんか細長くなってるし」と不思議だったこと。

そして理由は判然としませんがここ最近この商品を下越地方の大手スーパーでは見かけなくなったんです。

地元の商品を押しのけて県外メーカーのあま酒が席巻しているのです。

そんな中、これは長岡市内のスーパー原信で見つけたので購入しました。地元:長岡だとやっぱり入手しやすいのでしょうか?

私が子供の頃はこの米麹で作られたあま酒よりも酒粕から作るあま酒のほうが一般的でして、なので子供がたくさん飲むと酔うぞ、みたいなことを言われていたのですが、酔ううんぬんよりも味に癖がありましたね。

なので米麹のあま酒、ほんと、飲みやすいです。これは砂糖も入っているのでほのかに甘さも口に広がって優しい味わいにほっこりします。