新潟市西区:姫甘泉(ひめかんせん)

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は去年あたりからかな?明らかに推してるな!というのが目についた「姫甘泉」というスイカです。

もともと新潟市西区は砂地ということもあってスイカと枝豆の名産地として新潟県内で名を馳せていました。特に枝豆は新潟県民がほとんど消費してしまうために県外に出回らないとも言われています。

で、スイカ。数年前までは一般的な大玉を販売していたのですが、去年から明らかに小玉スイカにスーパーなどもシフトしてました。大家族が少なくなって消費しきれないから小玉に消費者も流れていったからでしょうか?しかしなぜこの品種?調べると茨城を筆頭に日本全国で収穫されているようでよくわかりません。

なのに今年は新潟市内、どこも「姫甘泉」推し!スーパー、JA、軒並みです。

もはや「乗るしかないこのビッグウェーブに」状態。

私はJAのいっぺこーとで購入。でも「スイカを叩かないでください」とデカデカと書かれていたためスイカを目力だけで選ぶ羽目に。まぁ姫甘泉、読んで字のごとく甘いのが売りですからハズレはないとは思いますし、私が買ったのは激甘ではありませんが甘さが良い塩梅であっという間に食べ終わってしまいました。

ただ新潟の夏は梅雨が明ける8月が本番なんですが、このスイカの出荷は6月末に終えたそうです。

ビーチでスイカ割りに使うのはまた別の品種になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA