ヤマザキランチパック:ソフトクリーム風味(やすだ愛情牛乳入りクリーム)

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回の物件は新潟県阿賀野市とゆかりのある商品になる、ヤマザキランチパックのご当地商品「ソフトクリーム風味(やすだ愛情牛乳入りクリーム)」になります。

これ、2021年4月1日から甲信越地域で限定販売されているプロダクトです。「甲信越」と言ってもこの商品の意義を理解しているのは新潟県の下越地方の人間くらいだとは思いますが。

商品説明としては新潟県の酪農発祥の地:安田地域の牛乳を使ったクリームを使った商品であり、パッケージにも明記してありますが「1つご購入いただくと、1円が「サントピアワールド」に寄付され、園内アトラクションの整備費用に使用されます」という、胸熱な一品。

思えばサントピアワールド。2020年のコロナ禍で経営が危なくなってクラウドファウンディングで募ってなんとか資金を工面して、そこにあえてのチープなアトラクションで話題になってました。

あ、ここは規模は大きくないですが遊園地です。昔は安田アイランドという名称でしたが経営破綻してその後事業を引き継いだ会社が名称を変えて再スタートしたのです。

でも新潟という場所柄通年営業もできないし(雪のせいですね)、なかなか大変そう。昔はこのサントピアワールドの近くに「ロシア村」なんてテーマパークもありましたが、10年足らずで閉園しています。(正直新潟県民はロシアってほぼ興味ないのでは?1990年代はハバロフスクへの定期便があったのが新潟からだけだったからでしょうか?確か「ガキの使い」で浜田氏がハバロフスクへ罰ゲームで行くことになった際やはり新潟から飛行機で向かったのが記憶にあります。)

まぁその遊園地に整備費用を寄付しようじゃないか、というわけです。やはり阿賀野市の牛乳を使ったのもご当地愛の表れでしょう。

食べてみると結構独特の味ですね。ホイップクリームでもカスタードクリームでもない、確かに「アイスクリーム風味」と呼ぶのが的確な感じ。意外とカロリー、高くないんだ….(一個あたり129Kcalだそうです)。

最後にもうひとつ余談ですが、安田アイランドだった頃、1980年代初頭だと思うのですが、そこにサザンオールスターズがやって来る!という出来事がありました。入園料込みだったか、単にライブチケット代だったかは忘れましたが、とにかくファンだったのでチケットを買って楽しみにしていたのですが、当日(だったと思います)まさかのキャンセル。なにがしかの理由で来れなくなったらしくチケット代は払い戻しだったのですが、彼ら、その日の「TVジョッキー」に出演してたんですよね(ライブ当日は日曜日でした)……ダブルブッキング?確かあれ、生放送だったような…..

その後ようやくサザンのライブを観れたのは1982年11月18日、新潟県民会館で行われた「青年サザンのふらちな社会学(The Nude Man Tour)」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA