American Apparel x  “ iPhone Tech Talk World Tour 2008” T-shirt circa 2008

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件はiOSデベロッパー向けに2008年に開催されたイベント「iPhone Tech Talk World Tour 2008」で配布された T-shirtです。

American Apparel x  “ iPhone Tech Talk World Tour 2008” T-shirt Front circa 2008

Read More….💁🏻

小千谷そば和田 布のりそうめん「勾玉」

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回は新潟名物とも言える「へぎそば」のホームでもある小千谷市で80年以上商いをしている「小千谷そば和田」さんの商品です。夏本番でそうめんを食べる機会がぐんと増えたので興味を持っていただけたらな、と。

これは先日近所のスーパーへ買い物に行った際見つけたので購入してみました。

へぎそばは繋ぎに「布海苔」を使うのが特徴。そのおかげでのどごしのいい、でも食感はモキモキとした独特の味わいを堪能できます。

でも布海苔を使うのは小千谷の蕎麦屋さんでも蕎麦だけ。メニューに載ってるうどんは普通の小麦粉を使ったうどんだけです。

なのでこれを見たときは「あー、これは有りか!」と。

果たして実食してみますと、確かにそうめんなんですが、布海苔が入っているので色はへぎっぽい緑色で食感もへぎそばに寄ってます。クセがあるわけでもなく、普通に食べやすいです。

オフィシャルサイトには掲載されていない商品ですが、季節商品なのでしょうか?

お店の2017年のブログには「夏の定番商品」と紹介されていますので通年商品ではないのでしょう、おそらくは。

お店はJR小千谷駅のほんとに駅前。改札を出て数分。ロータリー沿いにあります。

私は2回ほど食べに行ったことがあります。

一方、他の小千谷のお蕎麦屋さんは駅から離れた商店街周辺にありますので地元の人達は車で行けるこちらにどうしても行ってしまいがち。なので長岡の蕎麦好きと話をすると「わたや派」と「角屋派」なんて言い方をしてお気に入りのお店に通う傾向があるようです。

このそうめんは一袋(3束入り)¥300前後ですのでそれほど高いわけでもなく、お求めやすいと思います。

Nike SB “Queen Card “ T-shirt #AQ4506-063 circa 2019

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回はナイキSBカテゴリーの2019SSシーズンモデルの T-shirtです。

Nike SB “Queen Card “ T-shirt #AQ4506-063 circa 2019

Read More….💁🏻

Hanes Beefy-T  “Apple Store The Pier” Opening Commemorative T-shirt circa 2006

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は2006年8月19日土曜日にニュージャージー州、アトランティックシティにオープンしたAppleStore “The Pier”の先着1000名に配布されたT-shirtです。
13年前の今日になりますね。

Hanes Beefy-T  “Apple Store The Pier” Opening Commemorative T-shirt Front circa 2006

Read More….💁🏻

Unknown “Elvis Presley in Concert 97” T-shirt circa 1997

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

今回もお蔵出しとなります。これは1998年にアメリカテネシー州メンフィスに旅行に行った時にプレスリーの邸宅:通称「Graceland」で購入したT-shirtです。

Unknown “Elvis Presley in Concert 97” T-shirt circa 1997

Read More….💁🏻

新潟市秋葉区:新津名物三色だんご

新潟と言えばお米と酒。すぐに出て来る答えですがその他には?となると「スキー」「温泉」でしょうか?

まぁ他にも色々あるのですが、それが他県の人に認識されていないものもかなりあるんです。

ここではそんな「新潟に来たついでに手に入れられるような」ものをピックアップして紹介したいと思います。

今回は五泉市、旧新津市の人なら大概知っている新津の三色だんごです。

私が子供の頃からこの存在は知っていまして、どこでも買えるというものでもなく、なんとなく新津駅付近に来た時に親が買っていたという記憶でした。昔は新津駅前に大きなおもちゃ屋さんがありまして、たまに親に連れてきてもらっておもちゃをせびっていました。

現在ではおもちゃ屋さんも廃業してしまい、新津にもあまり用事は無くなってしまいましたが、こういうのを食べると記憶が蘇ってきます。

これは先日近所のスーパーで購入したもの。定期的にこういった商品が店頭に並ぶ、県内の名物を紹介してくれる素敵なスーパーがあって助かります。

私が子供の頃からあると言いましたが、それもそのはず、「大正5年(1916年)に開発、販売されている」のです。ゆうに100年を超えている超のつくロングセラー商品。

子供の時に食べたあの感覚と違和感がないということはほとんどそのままの製法なのでしょうか。

正直、大正、昭和、平成、令和、と4元号にまたがっている現在ではこの味は古臭いかもしれません。

21世紀の上新粉を使ったお団子ってもっともちもちの食感が当たり前ですが、お団子自体あっさりしたもので、上に乗っかっている三種類のアンコの引き立て役に徹しているよう。

お団子は一口サイズというには小さい、ちょっと大きな飴くらいの大きさ。

私が入手したのは製造元の羽入さんの名前が入った包みですが、新津の駅売だと「元祖かみを」と明記されたパッケージもあるそうです。この辺の経緯はニッポン放送の駅弁ライターさんのコラムに詳しく載っていますのでご覧ください。

パッケージの折りも駅弁とともに駅で売られていた時の名残だと思いますが、寿司の折りのように十字に紐でくくられているのも非常に味があっていいですよね。

どうする?どうなる?「MADE IN USA」

いつも有難うございます。お盆休みに入りますがちょっと気になった記事がありましてそれを軸にちょっと書きました。

hommageで販売しているT-shirtsは「MADE IN USA」という、現在世界中で販売されているT-shirtsのほんの数%のシェアしかない、レアというよりは既にマイナーなものになっています。

もともと下着扱いだったT-shirtsを今の地位に押し上げた国がアメリカであり、それに貢献したブランドのほとんどがアメリカンブランドだったのもかかわらず、です。

何もアパレルだけでなく、既にアメリカの産業界は自国内できちんと作ることができないほどに低下したのでしょうか?

ここのエンガジェットの記事がなんとも象徴的、というか。記事のキモを引用しますと

アップルが2013年12月に満を持して発表したMac Proは、ティム・クックCEO本人がテレビ出演して「Made in USA」をアピールするほど力の入った製品でした。

しかしNew York Timesが伝えたところによると、いざ米テキサス州オースティンでMac Proの製造を始めてみると、その組立に不可欠なネジを、満足に確保できない状況に陥ったとのこと。アップルが発注した米国内の工場では、このネジを1日に1000本を作るのがやっとであり、匿名を条件に証言した3人の関係者はによれば、Mac Proを米国内で製造する試みは大失敗でした。

確かにこの代のMac Pro、通称ゴミ箱は発表当時その「?」なデザインよりも「MADE IN USA」を大々的にアピールしていました。随分前からアメリカ国内に工場を作るという噂が現実になり、フラッグシップ機を製造することでアメリカンブランドに更に付加価値を与える、というのはアメリカの一企業ではなく今や世界屈指の「ブランド」になったAppleとしては念願だったと思います。

でも2019年に発表された新型Mac Pro。性能は飛躍的に上がりましたがデザインはG5時代の焼き直しに見え(この形が手の入れようもないくらい完成しているのでしょう)、大々的にアピールしていた「MADE IN USA」から前の「ASSEMBLED IN CHINA」に戻ったようです。

これを読んで「思ったよりもアメリカの労働環境って深刻なのかな」と。雇用や賃金などよりも現場のスキルが。

40代より上の「MADE IN USA」を体現している人には「そんなもんだろ、アメリカ製は」というコンセンサスもありましょうが、一向に向上しないところが…..

ともあれ「頑張って欲しい」としか言えないです。

そして「something special」な体験をさせて欲しいです。

令和元年お盆休みにつきまして

いつも有難うございます。

令和元年(2019年)のお盆休みですが8月10日から8月17日までになりますので承ったオーダー、問い合わせ等は8月19日月曜日以後になりますこと、ご了承いただきたいと思います。

ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願い申し上げます。

Hanes Beefy-T  “Corporate Games 2003 “ Staff T-shirt circa 2003

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

今回の物件は毎年行われているApple社内のイベント「Corporate Games」の2003年に使用されたT-shirt、しかもスタッフ用です。

Hanes Beefy-T  “Corporate Games 2003 “ Staff T-shirt Front circa 2003

Read More….💁🏻