Fruit of The Loom “Eric Clapton Japan Tour 1999” T-shirt circa 1999

一言でT-shirtsと申しましても年代やブランドでディテールが多岐にわたっています。気に入って購入したブランドだけれどいつの間にか仕様が変わってしまってる、なんて事が何十年も愛用しているとよく遭遇しがちです。

ここではそういった変化・変遷をアーカイヴとして書き留めておきたいと思います。

T-shirtsを扱う商売であり、かつ、市井のT-shirts好きの与太話ですが宜しくお付き合いのほどを。

かつて1980年~1990年代中期くらいまでの男性ファッション雑誌ではHanesと並ぶブランドと認知されていたFRUIT OF THE LOOMです。「Room」ではなく「Loom」なんですよね。私も何回か購入しましたが首回りの処理がHanes赤パックと違ってそれ故赤パックに戻る、ということを繰り返していました。

Fruit of The Loom “Eric Clapton Japan Tour 1999” circa 1999

これはFRUIT OF THE LOOM Lofteez。厚手でHanes Beefy-Tのライバルでしょうか。ただ、Beefy-Tよりもタフに使われるのを想定しているのか肩、脇、とダブルステッチ仕様。Beefy-Tはまだこの時期シングルステッチ仕様ですから。その仕様とゴワっとした生地のせいかいくぶんタイトな着心地です。

ケアタグには

100% COTTON PRESHRUNK
ASSEMBLED IN HONDURAS
OF U.S.A. COMPONENTS

「100% PRESHRUNK COTTON」という書き方ではないんですよね。何故?

Fruit of The Loom “Eric Clapton Japan Tour 1999” T-shirt Front

で、言わずもがなのクラプトンの1999年の来日公演時に購入したツアーT-shirtです。通常はクラプトンの顔やらストラトがデカデカとプリントされているのが多いんですが、これはシンプルだったので普段着にもいいなと思い買ったんです。色の使い方から遠目から見るとハーレーのT-shirtsみたいですが。

フロントのポケットにはアメリカの国道標識を模したデザイン。こういうのは本当大好きです。

袖の刺繍されたワッペンが要らないかなぁとも思うのですがどうなんでしょう?

Fruit of The Loom “Eric Clapton Japan Tour 1999” T-shirt Back

しかし、丸々一ヶ月日本公演してるんですよね。すごいバイタリティー。恐れ入ります。

size chart fig.2

1). 両袖のピーク幅 84.5cm
2). ネック後部からの身丈の長さ 71cm
3). 脇幅 48.5cm
4). ネックリブの縫い付け部の幅(首周り) 17cm
5). 脇の縫製部分の長さ(おおよそです)26cm
6). アームホール(平らにしての採寸)17cm
7). ネックリブ自体の幅 2.5cm

SIZE: Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA